FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



NASの消費電力

NAS、HUB、ルーターをバッテリー駆動するために、どれくらいの電流が流れているのか知りたくて、非接触式の直流電流の測定が出来る、測定器を探して測定してみました。

それ程正確な電流値で無くても良いので、およそが分かればと言うことで、安い測定器で済ますことにしました。ネットで探したところ、共立電気計器という会社で、KEW MATE 2000Aと言う測定器が、¥9,000以下で手に入るので、早速手配しました。

kew mate 2000a

これがその測定器です。直流電流、交流電流が非接触で測定出来ます。電圧と抵抗値、導通テストは接触式です。

プルーブ

先端のY又のところに電線を挟んで、測定をします。真ん中のダイアルは、測定器の表示を0.0にするための、調整用のボリュームです。

最初これが分からなくて、デタラメな測定値が表示されて、理由が分かりませんでした。

使用上の問題点は、この0.0表示が安定しないことです。+-0.1の間を行ったり来たりします。理由が分からなくて、メーカーに問い合わせて見たところ、地磁気の影響でどうしても、0.0を中心に、大体+-0.2が変動要素だそうです。

従って、0.2A以下の測定値は、誤差の範囲で正確な測定値が知りたければ、もっと高価な0.01Aを測定出来る、測定器が必要だそうですが、こちらは逆に大きな電流が測れません。

hs210

SSDを2個使用しているNAS、HS-210の測定電流値です。つまり測定限界以下で、測定不能又は誤差の中です。従って推測値としては0.1A以下です。

ts228

HDDを2個使用しているNAS、TS-228の測定値です。こちらも誤差の範囲内です。最も電流が流れる起動時でも0.3Aしか流れません。

写真は載せませんが、ルーターも似たようなもので、こちらも誤差の範囲内です。

結局NAS2台と、ルーター1台でも1A以下という結果になりました。HUBは測っていませんが(線が太すぎて測れない)多分0.5A以下でしょう。

と言うことは、これらをバッテリー駆動したら、放電率80%として、50AHのバッテリーでしたら、実に40時間連続で使用が出来ます。鉛電池でしたら80%の放電は難しいのですが、リチウムイオン電池は何の問題もありません。

電圧は、レギュレーターに何を使うかで、随分違って来ます。出来れば13.2V電池を使いたいのですが、使えるレギュレーターが限られます。その上は26.4Vになるので、レギュレーターの発熱量が多くなります。この辺が悩みどころです。

農業の方は、9月13日に始まったひとめぼれの刈り取り作業が、25日に農協に米を搬送して、作業が全て終了しました。収量は正確には農協から連絡が来ないと分かりませんが、およそで言えば反収8俵位だろうと思います。ひとめぼれとしては、かなり良い方です。

小米は少なく、ほぼ5%程度でした。早く刈った13日頃の稲は小米が多く、やはり熟成不足という感じです。20日を過ぎた頃から熟成がかなり進んで、小米が非常に少なくなりました。

9月は日照量が非常に少なく、日照量に完全に比例する、太陽光発電でも、9月は8月のほぼ半分しかありません。その為に米の熟成が大幅に遅れています。そこへ持ってきて今度は台風24号です。

当初は中国大陸に行きそうに見えましたが、どうも場合によっては九州北部を通って、日本海に抜ける可能性も出てきました。直撃したら大ダメージになりそうです。

早く刈ったら熟成不足で、小米ばかりになるし、遅いと台風で倒れることもあるし、雨不足から一転今度は日照不足と、今年の米は大変です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/1018-b1855c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)