FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



久しぶりのオーディオの話

先日使っていた、NASのバックアップ用電源(UPS)が遂にダウンしました。当初はバッテリーの劣化かと思い、交換したところ問題なく使えるようになったので、安心していましたが、8月末近くなって、突然カチカチ音がし始めて、NASが停止してしまいました。

交換したばかりのバッテリーの問題かと思い、バッテリーを外して、バッテリー充電器を使って、補充電をしました。充電にほぼ半日費やしたので、動作を停止する電圧まで下がっていたものと思われます。

再度組み立てたところ、電源スイッチをいくら押しても、電源が入りません。しげしげとバッテリーを眺めていたら、バッテリー端子が白い粉を吹いているではありませんか。てっきりバッテリーの液漏れかと思いましたが、全く漏れてはいません。よく見たら被覆ケーブルの絶縁体が劣化して、電線の内側から出ているようです。

電線を切って被覆を剥いでみたら、銅線が白っぽくなって腐食しています。抵抗値が高くなり、これが導通不良の原因になっています。仕方が無いので、バッテリーに接続してある線を付け替えましたが、やはり電源スイッチを押しても、全く反応無しです。

どうも別の問題が起きているようです。ここから先は回路図が無いので、調べようも無く、メーカーに修理に出せば、買ったより高くつくので完全に諦めることにしました。メーカーは日本ですが、製造国は中国なので、使っている電線の材質不良が出ましたが、元々PVCの電線は、被覆の劣化が結構あるので、耐久性は低いと思います。

UPSが使えなくなったので、仕方が無いので、手持ちのプラスチック製の電源BOXを接続して、使うことにしました。

手持ちのBOX

こんな感じです。

音を出した最初の印象は、やはりUPSによる音の劣化はあって、代えたら細かい音の倍音成分が良く出るようになりました。

prophecy of nue

韓国のKang Tae Hwanさんのアルトサックスの倍音成分が、良く録れているアルバムです。フリー・ジャズなので好き嫌いがはっきり出る演奏です。リンク先のちゃぷちゃぷレコードで手に入ります。1000枚作って後残りが40枚位とのことでした。

日本ではほとんど売れていなくて、販売の大半は海外です。

しかし音量を上げると、プラスチック製の箱の音が出てきて、うるさくなってきたので、手に入れやすい光城精工製の電源BOX、フォースバー3.1を1個持ってきて頂くことにしました。

一緒にオフ会も開くことにして、それを9月11日に開催しました。丁度稲刈りの端境期で、時間が空いたからです。交換するときは当然端子は全て、アンダンテラルゴのTMDできれいにしてからです。

違いは私にしか分かりませんが、やはり音が静かになりました。もっと良くするにはアルミの削り出しという手がありますが、もう出来ないのでこれで終わりです。

光城精工3.1

フォースバー3.1につなぎ替えたところです。一番手前の四角い箱は、JS PCオーディオ製パッシブ型の、ACラインコンディショナーです。

しかしこのままUPS無しでは使えないし、UPSをタダ入れただけではつまらないし、どうしようかと思っています。

家庭用の蓄電池が色々出てきているし、どうせ使うのはDC12Vですから、リン酸化鉄リチウム蓄電池を使えば、太陽光パネルから直接充電出来るし、ダイオードというノイズ発生器を使わなくて済みます。一般的なリチウムイオン蓄電池は、充放電耐力が400~800回しか無いのに対して、リン酸鉄や酸化鉄は2000回を軽く超えるので、使い勝手はまるで変わります。

太陽光パネルから直接充電すると、電気代がタダになるだけでは無く、充電時間も圧倒的に短くなります・・・こちらのメリットの方が、遙かに大きい。後は太陽光パネルを何処にどのように設置するかです。

現在思案中です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/09/18 21:17] | # [ 編集 ]

シュタインメッツさん今晩は。

NASはPCと同じですから、いきなり電源が落ちたら、何が起こるか分かりません。

昔一度データが全てパーになったことがありますが、その時はHDD毎全て入れ替えました。

WINDOWSでなったときは、DISKをデフラグして修復して使いましたが、結局

トラブルが何度か起きて、HDDを入れ替えた経験があるので、NASの時はディスクを

無条件に全部交換しました。

それがあるので、UPSは絶対条件になっています。

しかし考えてみたら、NASはDC12Vで動いているわけで、だったらバッテリー駆動でも

良いのではと思い、今検討している途中です。

ついでにルーターとハブも同じですから、全部纏めてやってしまおうかと考えています。

そしたらオーディオ電源からは、確実に遮断出来ます。
[2018/09/18 21:55] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/09/20 08:37] | # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/09/20 10:14] | # [ 編集 ]

シュタインメッツさん今日は。

HDDは昔と違って、停電しても必ず壊れるわけではありません。

信号の入出力をしていないときは、ピックアップがリトラクトしているので

壊れることはまずありませんが、DSが再生中は、ほぼ必ずHDDにアクセスしているので

データが一部壊れる可能性は、極めて高いです。

ディスクの最内周に傷がつくと、ほぼアクセス不能になりますが、それ以外でしたら

その部分で音が途切れるか、その曲が聴けなくなるか、適度な不具合で治まる可能性が高いです。

SSDは起動後に電源が落ちると、本体毎ダメになると聞いたことがあるのですが、自分でそうなったことが

無いので分かりません。

NASに入っている音源を全て必ず聞くわけではありませんから、ダメになったところは聞かないようにすれば

気にしなくても良いかも分かりません。

私が少々神経質すぎるのだと思います。
[2018/09/20 13:38] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

そういえば。

LinnのAkurateをkatalystにアップグレードしました。
広がり、奥行き、解像感、S /N全てにおいて改善されました。

ブランクがあったのか、家族は音の変化には気がつかないですね。

何と言ってもSPや40,50年代の名演のCD、これらがとても聴きやすくなったので、コピーを撮り始めています。
[2018/09/24 21:17] URL | シュタインメッツ #/zGwP9cg [ 編集 ]

シュタインメッツさんお早うございます。

アップグレードされましたか。

アップグレードして、1ヶ月位経ったら本来の性能を発揮し始めます。

古い録音も、新しい録音と同じように楽しめれば、これからの音楽ライフも

幅が広がります。

非接触型の測定器が手に入ったら、いよいよバッテリー駆動を本格的に

検討しようと思っています。
[2018/09/25 06:11] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/1017-30aecd4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)