FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



JAZZのアルバム紹介

今日は久しぶりの、音楽ソフトの紹介です。最初の1枚目は、今からですと一昨年の話になると思いますが、長門市に小林陽一(ds)さんひきいるJJM(Japanies Jazz Messengers)が公演に来られて、聞きに行きました。

その時チュニジアの夜を演奏されたのですが、この演奏が中々良くて、CDを探していました。

a night in tunisia

小林陽一さんのサイトでCDを購入出来るのですが、このCDは既に売り切れ状態になっていて、再入荷の予定も無いという事で、中古ディスクを探していました。しかしこのCD探しても中々無くて、ほとんど諦めていたのですが、ある日偶々思い出して探していたら、ディスクユニオンの吉祥寺店にあり、早速取り寄せました。

ディスクは未開封の新品でした。早速リッピングして聞きましたが、音は圧倒的に生が良いのは当然として、公演での演奏はスタンダードなものでしたが、CDは結構アグレッシブで、演奏はこちらの方が私は好きですね。

次は先日ブログに書いた、日野皓正がサイドメンとして演奏しているアルバムです。録音は1978年5月16日です。ドイツ録音でオリジナルはエンヤレコードです。先日持ってこられたのが日本盤でしたが、この盤ヤフオクやアマゾンでは見つからず、最後の手段でDISCOGSで見つけました。

今回は送り主がベルリンの業者なので、アメリカよりは良いだろうと思っていましたが、着いてみないことには分かりません。7月20日に発注して、到着したのが7月30日でした。送料はニューヨークよりは、ベルリンの方が圧倒的に安いですね。

bob degen

エンヤレコード、リーダーBob Degen、アルバムタイトル”Children of the Night”です。写真はドイツ盤です。日本盤は日野皓正が写っていて、ジャケットが全く違います。

Bob Degen(p)、日野皓正(tp)、Cameron Brown(b)、日野元彦(ds)。日野元彦は日野皓正の弟ですが、1999年に亡くなっています。

日野兄弟の演奏が大変素晴らしく、手に入ったら是非聞いてみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽


コメント

こんにちは

analogという雑誌の最新号(2018年7月号)に、TOPWINGのカートリッジ 「朱雀」とインタビューが紹介されています。

ここの製品は、3D(左右、高さ、奥行き)の再現性抜きん出ていると、海外でも評判になっているそうです。

1号機の「青龍」も評判になりましたが、共振を抑える為に重過ぎた為、合うアームが少ないので軽くして欲しいという要望が沢山有ったそうで、それで「朱雀」造ったそうです。

レコードは反ったものもあり、LinnのKrystalを使用した時の挙動の吸い付くような動きで、軽いということの重要性は改めて実感しました。 

「朱雀」のインタッビューで、世界的に3Dを意識し始めたのはB&W(?)の影響が大きく、スタジオが採用され音源も3D情報が入り始めた、ということでした。

20年以上前から、3Dに拘っていたのはクライナで、当時はシェルター、 できれば初代「光悦」のプラチナかメノウを薦めていました。 以前、カートリッジ の試聴会に参加しましたが、LP時代往年のモデルで3Dの再現性のあるものは唯一「光悦」のみで、現在の高級モデルよりも優れている程でした。広域の情報量・解像感は最新のモデルが優位で、私が使っているLinnのKrystalでさえ優れています。

レンジの狭い50年代のモノラルLPの再生でも、モノラル専用のDL-102 では広域のニュアンスが欠落するので、シェルターの方が良かったという経験もあります。

案山子さんが使われておられる、Kandidは3D再現性を含めてかなりのポテンシャルなのだろうなあ、と想像しております。

ところがJazzを聴かれる方は、音力の寺島氏を含め全体的に3Dの再現には思い入れが無い印象です。案山子さんの場合は往年のExclusiveや音のエジソンをお使いなので、3D再現に関してはどう捕らえて居られますか。 
[2018/08/05 08:04] URL | シュタインメッツ #/zGwP9cg [ 編集 ]

シュタインメッツさんお早うございます。

朱雀は一度山口の販売店で、見たことがあります。音は聞いていません。

青龍は聞きました。

朱雀は1個100万とのことだったので、聞いたところでどうしようも無いので、止めました。

今の所はLINNのkandidで充分に満足しています。針がすり減ったら、またエミネントに戻します。

再現力としては、ステレオは元々左右の広がりはあるので、奥行きの再生に一番気をつけています。

奥行きが出ないと、音がべったりSPに貼り付いてしまいます。

スタジオ録音ではほぼ定位置での演奏ですが、ライブ(特にビッグバンド)では、演奏者の位置が変化するので

モノラルでもそれが再生出来るように努力しています。

高さ方向は、天井高さに影響されるので、これは部屋を何とかしないと、難しいと思います。

今ある条件で、最上の再生が出来るように、機器の更新は難しいので、後は使いこなしでしょう。
[2018/08/05 09:04] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

朱雀は購入の予定がないですが、初めてのメーカーでここまでのものを出すとは勇気があり感心しました。

モノラルの再生は苦労して来ました、片方のスピーカーだけだと物足りなく、使用カートリッジ も横振動のみの機種に限る方から、最新のステレオが良いとされる方まで居られますね。

前者は余分なノイズをカットして行くという考えで、後者はSNを上げて信号成分をノイズ成分と分離する、という発想をお持ちのようです。 また後者は最近は良いモノラルカートリッジが存在しない、という考えのようです。

SPUは今も個体差が大きいそうで、SPU monoを購入する際はお店の方が
選別された物を購入しました。 慣れると針を見ると分かるようです。

モノラルでも装置の位相が揃うと、高さ、奥行きが出ます。
菅原さんの「コルトレーンが立っている」という描写を思い出します。
[2018/08/05 15:56] URL | シュタインメッツ #/zGwP9cg [ 編集 ]

シュタインメッツさん今晩は。

モノラルカートリッジを初めて聞いたのは、小学校の頃ですが、その時はステレオ装置の
音は聞いたことがありませんでした。
中学の時ステレオ装置の音を聞いたのですが、その時の印象は凄いの一言でした。

その後モノラルはもう番外だったのですが、東京にいた最後の頃にモノラルカートリッジで聞いた
モノラルレコード(ハリー・ジェームス・イン・ハイファイ)の音に悶絶してしまいました。

ステレオカートリッジでは、どうやっても出ない音だったのです。
LINNのトーンアームはご存じのように、カートリッジの交換がほぼ不可能です。
なのでモノラル専用のLP12を作るしかありません。

そしていよいよ専用機を作ってみて、改めてアナログ再生の奥の深さに、まあ今はどっぷりと
首まで浸かってしまった次第です。

今はモノラルも、ステレオも特に意識しなくても再生が出来るようになりました。
オフ会でも何度か来られた方は、センターで無くても音は充分に分かりますから
横のテーブル席で話をしながら、聞くことが多いです。

古いモノラルレコードは、カッティング針が太いので、今の新型チップでは溝の底のゴミや傷を
拾ってしまい、ノイズが多く聞けません。なので古いモノラルレコードを聴く場合は、それにあった
カートリッジで再生した方が良いと思います。

CG25の針の寿命の短さには参ってしまい、今はお蔵状態です。古いモノのオリジナル盤を
聞くときは使いたいのですが、段々カート交換が面倒になり、今はテクニカオンリー状態です。
[2018/08/05 20:43] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

モノラルといえ半端では魅力が出ないので、LP12を2台使い分けて居られいいですね。

こちらに書かせていただいた記憶がありますが、私も独身の頃はトーレンスの確かTD320とSME3009Rも使って居ました。

オルトフォン のSPUA(ステレオ)を付けて、音を出し「なにコレ篭ってる。」篭っていると教えられてSPUGを避けたのだが。雑誌には、SPUGこのアームとの組み合わせが良く載ってました。
次はシュアーのtype3を試した、こちらの方がアームとの相性が良かった。 結局テクニカもMono3を付けて居ました。

ステレオとモノはケーブルを手で差し替えて使いましたが、音の差があまりにもあり、所帯を持つので手放しました。


モノを聴くにはトーレンスTD124に限る、もしくはガラード301という方も居られます。

http://blog.livedoor.jp/thorens/archives/cat_50034119.html

確かに重量級の同じメーカーのアームで合わせて得られる独特の世界があります。

でも、当時の針は精度が低く、結晶方向とレコード接触面に合わせてないので寿命が短いですね。

「古いモノラルレコードは、カッティング針が太いので、今の新型チップでは溝の底のゴミや傷を拾ってしまい」

これは私も初期盤の店主の方から何度も聞来ました。 丸針同士ではそうなりますが、最新のステレオ針は線接触なので曲率は大きく、底まで達するのかなあ、とも思います。
実際にCDで3Dモデルを作って見ると明確になりそうです。

フェイズメイションの試聴会ではモノ専用カートリッジも聞かせて頂きましたが、やはり専用機の方がセンターも密度がありました。しかし、質の低いモノラルカートリッジよりも、LRの精度の高いステレオカートリッジの方が再現性も高く、利便性を含めメリットを感じます。

オーディオはアナログプレーヤー周りが、一番面白いです。
[2018/08/08 16:58] URL | シュタインメッツ #/zGwP9cg [ 編集 ]

シュタインメッツさん今晩は。

ベイシーではシェル固定型の3009improvedでshureのtypeⅢを使い、

モノラルもこれでかけていましたが、全く違和感は無かったです。

しかし自分でやると、やはりモノ針で無いと、モノはダメです。

誰に聞いた話かは忘れましたが、スタジオでモニターするときは、カッティング針と同じ径の

針がついたカートリッジで再生するそうです。

極端に言えば、本来の音を聞こうとしたら、カッターヘッドに何を使ったか分からないと、再生が

出来ないという事になります。

デジタルでも使用するクロックで、音がまるで変わるそうですから、本来は録音時と同じクロックを

使わないと同じ再生は出来ないという事になります。

ですから原音再生なんて土台が無理な話ですから、自分が気に入った音が出せれば、方法はほとんど

どうでも良いし、原音再生も拘る必要は全く無いことになります。

オーディオなんて基準がありそうで、実際には無いようなものですから、自分のやりたいようにやるで

良いのでは無いでしょうか。

タダ最大公約数的に、色々な人が聞いてもそこそこ良い音と言うのはありそうなので、その辺まで

いければ良しとするのが妥当では無いかと思います。

後は本人の拘りで、これだけは譲れないがありますから、後はご自由にどうぞでしょうね。

それが良いかどうかは、他人が口を出すことでは無いと今は思っています。
[2018/08/09 00:59] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/1004-9daca911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)