農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



太陽光発電について考える、その②

太陽光発電の見積もりを依頼すると、一般家庭用は何年で設備投資費用が回収出来ますという、シュミレーションを出してもらえます。営業の方の説明では、実際に導入したら実績は、このシュミレーションよりは良くなります、と言うことなのですが、実際には入れてみないことには分かりません。

もう一つは家庭用は、ほとんどが屋根に設置することになるのですが、当然屋根に穴を開けて機材を固定することになります。工事が雑だと後で雨漏りが出て、やらない方が良かったという事になります。その為に設置工事の実績は、非常に重要になります。

経済産業省のレポートでは、日本の太陽光パネルの単価が、ヨーロッパの平均単価より高く、しかも工事単価も高いのが実態だそうです。日本の場合は工事費込みで大体30万/KWです。これを20万以下にしないと、国際競争力には打ち勝てないし、電気代も下がらないと言うことなのですが、日本の電気代がそもそも高すぎる。

太陽光発電を実際にやってみて、どれくらい発電出来るか、気になる方は多いと思います。夏場と、冬場では日照時間がそもそも違うので、取りあえずは本格的な夏場になる前の実績です。

抑制がかかっていた2月から4月までの3ヶ月間は、ほとんど参考にならないので、8.6kwの発電能力での実績です。

5月の1ヶ月間は、1159kwhでした。一般家庭の消費電力ですと、3軒分でしょうか。

6月の1ヶ月間は、1016kwhでした。

6月は夏至のある月ですから、日照時間は長いです。晴れていると朝6時には発電が始まっていますし、夕方も6時過ぎまで発電しています。

1日の最大出力電力は60kwhがMAXです。これを超えることは滅多にありません。1日晴れていると大体50kwh台で、雨が1日続くと5kwhも発電しません。

10年間で設備費を回収しようとしたら、大体1日27kwh程度発電しないと、損益分岐点は超えません。今のところ月間で赤字になったのは、抑制が目一杯かかった2月だけです。

1年を通したら、一番日照時間の短い12月がどうなるか、結果はこれからです。

パナソニックのHITパネルですが、他メーカーのパネルを使っていないので、比較は出来ませんが、天気が良くなると、日照をいっぱい浴びてたくさん発電しているように思えますが、実際にはパネルの温度が上がって、発電効率が落ちます。

7月で昼間の気温が30度以上の日がここ最近続いていますが、この間の発電はMAXで6~7KWです。5月の方が気温が低いので、発電力は大きかったです。短時間ですが8KWを超えたときもあります。

タダ1日を通すと大体50kwh台に落ち着きます。滅茶苦茶暑くなる8月が果たしてどうなるか、これもこれからです。

太陽光パネルに水を通して、水冷化すれば発電効率も上げられるし、温水も作れるので、良いと思うのですが、コストがかかるので誰も考えないですね。何処かのメーカーが考えてくれないですかねー。

最初不思議だったのは、売電するのにメーターをスマートメーターに代えたのですが、定格電流が60Aを付けたことです。メインブレーカーも60Aですから、正しいのは確かなのですが、太陽光パネルの発電能力は8.6KWもあります。効率もありますから多少は落ちるにしても、瞬間的には80A流れる可能性はあるわけです。

これで壊れないのか実に不思議だったので、聞いてみることにしました。そうしたところ、電源は入力、出力とも単相3線式200Vになっています。太陽光発電もパワーコンディショナーはこの様になっています。

仮に正相をX相、逆相をY相、中性線をZ相とすると、X相とY相に同じ電流が流れていたら、Z相は打ち消されて電流は流れません。60Aと言う定格電流はX相とY相にそれぞれ流すことが出来るので、MAX200V・60A迄の電力を流すことが出来るそうです。

単純に100Vですと120Aに相当するので、80A流れても問題は出ないという事です。但し120AはあくまでX相と、Y相が完全にバランスが取れていたらと言う事なので、実際にはアンバランス電流が流れているので、120A流せるわけではありません。

蓄電池を入れる場合は、X相とY相に同じものを各1台入れるのが、一番良いと思っています。そうすれば200V家電も蓄電池から供給が出来るようになります。

また長府製作所から、太陽光温水器とエコキュートシステムが一体になったシステムが出ています。我が家では風呂は灯油ボイラーですが、歳を取ったら灯油を買いに行くことが困難になると思います。その時はエコキュートが必要になるので、灯油ボイラーが寿命になったら、考えようと思っています。

その時までに太陽光発電と親和性のある、エコキュートが出ていると良いのですが、今は何処も深夜電力のみです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/1002-605735cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)