FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



再度の修正

9月29日天気予報が大雨だったので、当然農作業が出来ないので、プチオフ会をしました。その時はラック下を除いて、タイルカーペットは外しました。小音量で聞いているときはそんなでも無かったのですが、少し音量を上げていったら、何となく音の出方が変なのです。二人の意見が一致したので間違いは無い筈です。

変な原因を色々調べて行ったら、中高域で音が硬い、低音がどうも出ていない、特にベースの胴鳴りが無くなっているようです。

そこで少しずつタイルカーペットを戻していくことにしました。一人でやると大変な作業なのですが、二人だと何とかなります。

案の上で少しずつ以前の音が戻ってきました。

再設定2

DS及びアンプ側は完全に元に戻りました。

再設定1

アナログ側はRADIKAL電源のみ、タイルカーペットを入れることにしました。

これでほぼ元に戻るだろうと思い、いつものマイルス・デイビス”We Want Miles”をかけたら、キンキンで落ち着いて聞いていられないのです。RIAAはほぼ問題なくなったので、何でコロンビアカーブが、今までだとダメなのか、これには少々参りました。

暫く色々かけて聞いていましたが、やはりイコライズカーブが適正では無いという事で、変更することにしました。今まではLow Limitt 50hz Turnover 390hz Roll Off 3.18khzでやっていたのですが、これをそれぞれ50hz、250hz、1.59khzに変更しました。

これでCD音源と比較しても、違和感は無くなりました。変更後のカーブは、E-2の取説に従いました。音が落ち着くには少し時間が必要ですが、これでもう大丈夫だと思います。

アンダンテラルゴのリジッドテーブルが、本来のバランスに戻したわけですから、我が家では劇的に効果があったという事なのだと思います。

6月28日から雨続きで、29日、30日にかけて、延べで140mm以上の雨が降りました。大豆の種まきをする予定の田は、全て代かきが出来るほども水が溜まってしまいました。しかも今週は雨が上がりそうも無く、最後のとどめに3日頃には台風崩れの低気圧が来そうです。

これで当分大豆は絶望的な状況です。せめてもサチユタカの種まきが終わったのが救いです。

水田は当分水をくれという人は出ないと思います。間断潅水中ですが、湛水状態が続いています。中干しの間は、掛け流し状態になるかも分かりません。

田面が充分に乾かないと、刈り取りの時コンバインがぬかるみにはまって、トラブルの原因になるし、刈り取りに時間が猛烈にかかります。水が無いのは最悪ですが、ありすぎるのも問題なのです。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


プチ修正

フォノイコの下のCFRPボードとラックの間を、今まで使っていたタイルカーペットでは、音が鈍く聞こえていたので、厚さ0.6mmのフェルト生地を購入して張り替えた結果は、大きく音のバランスが変わること無く、思った方向に変化したので、それに気をよくして、ついでに余った生地をRADIKALの電源下のオールージュ製のボードも張り替えることにしました。

結果は更に良くなったのですが、フェルト生地とタイルカーペットでは、そう大きな変化はしないという事も分かりました。タイルカーペットはタダ単に敷くだけですが、フェルト生地は寸法を正確に計って、裁断しなければいけないので、結構面倒です。ボードへの貼り付けには、布用の両面テープを使いました。

普通の両面テープより少し薄いような気がします・・・測っていないので分かりません。

音質傾向としては、くっきりクリア方向に変化しますが、システムの状態によっては、音がきつく聞こえることもあるので、代えたら必ず良くなるとは限りません。

フェルトへの変更

こんな感じになりました。見た目には音が良くなるような気がするのは、タダのプラシーボ??

まあこれで止めておいても良かったのですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしは、過ぎてみないことには分からないという事で、デジタルの方にもやってみることにしました。

もう10年位グランデッザの下はタイルカーペットと決めていたのですが、これを変えてみようと思いました。変えるのは当然フェルト生地ですが、問題は厚さ何ミリが良いかです。散々悩んで1mmでやってみることにしました。

早速生地を手配して、ボードの大きさに合わせて生地をカット、両面テープで貼り付けました。

全体

結果がこれ、見た目には実にスッキリしました。音も思ったようにエネルギーバランスはほとんど変化せずに、少しくっきりクリア方向に振れました。タダ問題があって、この2台のラックはニスによるクリア塗装がされていて、そのニスにフェルトがくっついて、多分ですがフェルトが剥がせなくなると思われます。

置く前に薄地のフェルトを貼れば良かったかなと思ったのは、既に手遅れでこのまま据え置きになりそうです。

モノラル用のアンダンテラルゴの台は未だ到着しません。納期は1ヶ月なので、7月に入ってからになるかなと思います。

農業の方はやっとサチユタカ(大豆)の種まきが全て終わりました。7月からはフクユタカ(大豆)の種まきがまた始まります。合間を見ては草刈りもあるので、貧乏暇無しです。

オーディオは何をやっても音が変わるので、これからはそちらで楽しむことにします。

次の課題はラックの下をどうするか・・・・重いし面倒だし・・・・本音としては余り触りたくない。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


アナログのプチ修正

アンダンテラルゴのLP12置き台を導入してから、何となくロックをかけると、音が鈍って聞こえるようになり、最初はインシュレーターに使っているSonoriteと相性が悪いのかなと思って、金属製のインシュレーターを考えたりしていました。

しかしその前に出来ることがあるだろうと、システムを眺めていましたが、前から中途半端な置き方になっている、フォノイコライザーE-2を見直すことにしました。

まずはアンダーボードとして購入した厚さ3mmのCFRPのボードです。これはE-2をラック内から出し入れするとき、丈夫な板の上に置かないと、E-2が重すぎて手で支えきれないからです。

E-2には標準付属の、3点支持タイプの金属製インシュレーターが取り付けられるようになっていますが、私は不安定な3点支持が嫌いで、4点支持とするために、Sonoriteをインシュレーターとして使っています。しかし標準のSonoriteでは高さが足りず、E-2下に隙間が余り出来ません。

E-2は発熱量が多いので、下の隙間が充分に無いと、発熱で寿命が短くなります。その為にイルンゴの方にもっと高さのあるSonoriteが出来ないか問い合わせていました。そうしたところ特注で高さを倍にしたSonoriteを作ったことがあって、それで良ければ作れるという回答でした。

イルンゴでは試作した倍の高さのSonoriteの結果が良かったので、これを標準化するそうです。それを使っていますが、下のボードをどうするか色々悩んでいました。CFRPが良いのですが、高価で中々手が出せませんでした。そうしたところ、素材レベルでしたら、ヨドバシでも手に入ることが分かり、400x500 T=3のボードを買ってみることにしました。

価格が安かったのは良いのですが、到着して見たらどうも中国製のようで、寸法精度が出ていません。400X510あってラックに収まりません。仕方が無いので縦横を逆にして使っていました。要はCFRPの切断方法が分からなかったからです。

インターネットで調べたら、外注で受ける会社があるのですが、1カット5万もして論外です。専用のチップソーもあるのですが、刃物だけで7万もして使えません。仕方が無いので我慢していましたが、どうにも我慢出来なくなり、何とか切断出来ないか調べていました。

そうしたところある研究所でチップソーで切れないか、試験したところがあり、どうも出来そうと言うことが分かりましたが、使っている切断機が、素人レベルの電鋸ではありません。それで躊躇していましたが、こうなったらやってみるしか無いという事で、普通の木材カット用のチップソーを使って、電鋸で切ってみました。

そしたらこれが結構良く切れたので、ブログで書くことにしました。但し切るときは、細かい硬い切り子が飛んでくるので、安全めがねは必須です。出来れば手袋もあった方が良いです。電鋸ですと真っ直ぐに切れるので、切った後もきれいです。バリもほとんど出ません。

最初はCFRPのボードと、ラックの間にタイルカーペットを敷いていました。こうするとボードを滑らせてセット出来るので、楽にセット出来るからです。しかしどうも音が鈍って聞こえるのは、このタイルカーペットだろうという事で、タイルカーペットを外して、厚さ0.6mmのフェルトを探して、これを貼り付けることにしました。

新セットE-2

495x400に切断して、縦横を正常な状態にして、タイルカーペットの代わりに、フェルトを貼り付けてセットしたE-2です。下のRADIKALの電源は、オールージュ製のボードに乗せてありますが、これもその内にフェルトを貼り付けてみようかと思っています。

kind of majic

QUEENの”A Kind of Magic”がやっとまともに聞けるようになりました。

農業の方は大豆(サチユタカ)の種まきが、6反程残して途中で雨のために中断しています。稲の方はもう少ししたら間断潅水から中干しに移ります。疲れも皆さんピークに来ています。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


6月12日田植えが終わりました

6月12日田植えが全て終わりました。同日JGAPの継続認証のための、審査が終わりました。ダメ出しがあった分は、期日までに改善報告を出した後、正式な認証証が発行されます。

今年のJGAPは2020年に開催される、オリンピックに合わせてGLOBAL GAPに追随する様に、内容がかなり追加されました。主眼点は、今までは生産者側できちんと管理されていたかのチェックだけだったのですが、改訂版の2016年版から、購入者側から見た見える化が要求されるようになりました。

普通の会社でしたら当たり前な、会社概要(本店所在地、代表電話番号、生産品目、どの工程においてGAPの認証を得たのか)等々の、文書化などです。税務上を除けば、ほとんど仲良し倶楽部的で、寄り合い所帯的な緩い法人組織だったものを、今度はまともな法人にしようという事なので、まあ当たり前と行ってしまえば、その通りなのです。

最大の問題は、GAPを取るために、膨大な手間と、コストをかけても、何の見返りも無いことです。工業製品を輸出をしようとすればISOが必要なように、農作物を輸出しようとすれば、GAPがあった方が有利なのですが、国内市場では全くと言って良いほど、市場性はありません。

唯一オリンピックの選手村に、食品を納入しようとすると、GLOBAL GAPの認証が無いと、オリンピック委員会が認めないので、大騒ぎをしているという事だけです。

ファーム上ゲはGAP(ギャップ)の認証もさることながら、それ以上にいつまでギブアップせずに農業を続けられるか、こちらの方が遙かに関心のレベルは高いです。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


久しぶりで最後のアナログアップグレード

ずっと以前から存在を知っていて、使えば便利なのは分かっていましたが、価格対効果の程が分からず、そのまま過ごしていました。しかしオーディオはボチボチ手じまいにしようと考え始めて、最後のアップグレードとして、やってみることにしました。

それはLP12の置き台です。メーカーはアンダンテラルゴ、製品はリジッドテーブルです。アンダンテラルゴの社長は、元LINNの日本で取り扱いをしていた法人におられた方で、LP12に関しては、プロ中のプロという方です。その方がLP12の専用の置き台として、リジッドテーブルを作られたわけですから、中途半端な製品では、ご本人が納得されないでしょう。

私はLP12の底板トランポリンは使っていません。使っていない理由は、音がこもって聞こえることと、下から手を入れてバネの調整をして、主にプラッター上の水平をきちんと出したいからです。

今まではLP12の木製外箱(プリンス)は、Sonoriteという革のインシュレーターで浮かしてあります。しかし高さ調整などは出来ませんから、下に様々な厚さのシムを用意して、高さ調整をしていました。当然シムの悪影響は分かっていましたが、水平の方が優先するので、目をつむっていたわけですが、ついにここに手を入れることにしました。

リジッドテーブル

高さ130mmのリジッドテーブルを使っています。これだと下から手を入れることが出来ます。90mmの方はちょっと無理ですね。

LP12専用受け台

LP12専用の受け台です。これにSonoriteを置いて、LP12を乗せています。取り付けはねじ込みなので、ネジ部にはスクアランスオイルを塗布しています。

トランポリンを使っておられる方は、この方法では乗せることが出来ません。標準の上板付きを購入しなければダメです。その場合は下から手を入れる必要が無いので、90mmの低い方が良いと思います。

下からのぞいたところ

LP12に底板を付けていないので、下から手を入れて、スプリングの調整が出来ます。

スパイク

スパイクとスパイク受けです。スパイクはバーを差し込む穴が開いているので、簡単に高さ調整が出来ます。私は今まで水平調整をするのに、1時間以上かかっていましたが、10分もかからずあっけなく出来てしまいました。こんな事だったら、もっと早く買っておけば良かったと、後悔しきりです。

今回はステレオ用に購入しましたが、うまくいったので、モノラル用も購入して、これでオーディオからは卒業出来そうです。

出てきた音には、本当に驚きました。先般導入したフォノイコE-2は、暖かくなるまでは音が出なくて、1時間位は我慢の子でした。それがのっけからばっちり出るようになったのです。最初の音が出たときは思わず、のけぞってしまいました。この違いは一体何なのだろうと、実に不思議でなりません。

シムが悪いのでしたら、ずっと悪くなければいけないのですが、そうはならないところが実に不思議です。それにしてもこのリジッドテーブル、LP12との相性は抜群で、再生音は安定していて、全く不安要素がありません。

ヤマト運輸の配達員から受け取ったときは、その余りの軽さに思わずエッと思ったのですが、今は納得です。本当に音楽の躍動感が出て、DSの後塵を拝し始めて、使用頻度が激減していたLP12が完全復活しました。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用