FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



デジタルもオーラスになるか?

LINNのデジタル再生も、ぼちぼちオーラスに近づきつつあるかなと思っています。ネットワーク再生も、再生がLINN DS、音源がNAS間には、テレガートナーのハブが1台だけです。今まではテレガートナーに、直にルーターを接続していましたが、間に1台余ったハブを挟むことで、悪さ加減を少し改善しました。

テレガートナーや、NASは全て自作のアナログ電源に置き換えて、大体これで終わりかなと思っていました。唯一少しは気になっていたのですが、無線ルーターの電源が残っていました。これはIOデータ製ルーターの、付属のスイッチング電源をそのまま使っていました。

間にハブを入れてあるので、これで変わるとは思えなかったからです。しかし気にしたら、やはりやってみないことには分からないので、どうするか色々考えていました。一番簡単なのは、テレガートナーの電源容量が余っているので、その電源を流用して、線を1本引き出す方法があります。

しかし機器間の干渉が気になって、計画段階で断念。しかし6千円ばかりのハブのために、数万もかけて自作電源作るのも気が乗らなくて、放ったままでした。

そこでインターネットで色々調べていたら、IFIオーディオでDC12Vの、ローノイズアダプター電源を作っていることが分かり、価格も手ごろということで、試してみることにしました。この電源はノイズが1μV程度しかありません。昔の3端子レギュレーターはリップル成分が1mVもありましたから、かなり優秀な電源だと思います。

IFIオーディオACアダプター

大きさは普通のACアダプターと同程度です。DC12V 1.8Aですから、容量は十分です。唯一問題点は、DCプラグが5.5ΦX2.1mmのプラグなので、日本製でよく使われているEIAJには合いません。

付属で色々な変換プラグが入っていますが、残念ながらEIAJに適合するものは、入っていません。なのでこれもインターネットで散々探して、5.5ΦX2.1mmオスプラグで反対側がEIAJ4メスプラグになった、変換プラグを探して、一緒に購入しました。AMAZONで探せば、両方とも見つかるはずです。

最初は子供がいるので、小さい音でかけていましたが、何となく雰囲気が今までと違うように思えます。後で音量を上げて再生しましたが、バナナ端子をロジウムメッキに代えて、どうも少し刺激的で、音が硬くなったように思えたものが、全く普通に聞こえるようになったではありませんか。

今まで硬いと感じていたのは、ルーターの電源の悪さ加減だった訳です。それまで使っていたバナナ端子が緩くて、ルーターの悪さ加減をスポイルしていましたが、それが無くなったので、スポイルされていた悪さ加減が顔を出し、それがバナナ端子の為だと思っていたのですから、濡れ衣もいいとこだったわけです。

今年の農作業が本格的に始まりました。正月明けに水田の荒起こしから始まり、今は水田の畦塗りをしています。その合間を見ながら、圃場の草刈りです。27日からいよいよコシヒカリの種まきをして、水田作業が本格的に始まります。

農作業をしている全員が、1年ずつ確実に歳を重ねていきます。今年は何とか全員で作業が出来そうです。来年は又どうなるか全く分かりませんが、取りあえず今年が無事に終わってくれることを願っています。

ここ最近農作業中に、トラクタ事故で亡くなる方が非常に多くなっているように思えます。全員が高齢化していて、選挙でも足下がもうかなり悪い方が、数多く来られています。米は作れば作るほど赤字が増えます。当然若い人は農業を嫌って、後継者がいる農家は数えるほどもありません。

ファーム上ゲの農業ももう秒読みの段階に入ってきました。都会に働きに出ていた人が戻ってくる可能性は、もうほぼ無くなりつつあります。長生きのリスクが、その内にささやかれ始めると思います。

スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


4月10日オフ会をしました

4月10日オフ会をしました。メインはE-2を使った、フォノイコのカーブによる音の違いの確認です。実はその前に、小郡に車の修理に行ったついでに、防府にあるサウンドテックに行ってみました。マークレビンソンとJBLがコラボして作ったという、SPを聞くつもりだったのですが、SPは聞かずに、パワーアンプ用のバナナ端子を勧められて、購入してみることにしました。

注文したバナナ端子がオフ会の時到着して、早速交換してみることにしました。アンプはLINNのTWINをモノラル使用しているので、左用のアンプのみ交換して、モノラル音源をかけて、左右で音の違いを比較してみるという方法です。

テクダス空き箱

メーカーはTechDAS、品名はSuper BANANAです。

ダイアルを回すと、差し込むバナナの部分に、テーパーの棒が入っていて、テーパーの棒を移動することで、バナナを膨らませて、穴に固定するものです。実際の固定方法は簡単ですが、外すとき棒を移動させるのを忘れて、無理矢理抜こうとしたら、バナナの部分が折れることがあります。折れたらもう使い物になりません。

テクダス斜め下

バナナ端子を下から見たところです。ローレットが切ってあるねじを廻したら、バナナが固定されます。

テクダス斜め上

上から見たところです。SPケーブルは上又は下から穴に差し込んで、黒や赤に塗装されたねじを廻して固定します。2個のバナナの位置を固定するために、樹脂製の固定具が付属しています。

この固定具にM3X6のナベ小ネジで固定するのですが、付属しているネジが磁性体なので、出来れば非磁性体ネジに変えた方が良いと思います。

またSPケーブルを固定する方法が、ネジを締め込んで線を挟み込むようになっています。その時線を剪断するように力がかかります。なので細い線ですと、力をかけると簡単に切れてしまいます。縒り線は切れることはありませんが、何本かは線を潰してしまうので、何度も付け替えると、線が劣化すると思います。

少し太めの単線でしたら、傷は付きますが、これが一番向いているように思います。

表面はロジウムメッキがしてあります。特徴としてはハイスピードで高解像度です。私は少しの曖昧さが残る金メッキの方が好きなのですが、無いので仕方が無いです。

線を固定するとき、余り力を込めて無理矢理ねじを廻そうとすると、バナナ部分を折ってしまうので、何事も程ほどにが大事です。LINNのKLIMAX TWINは、狭いところに端子が押し込んであるので、端子の固定用の樹脂は、どちらか片方しか、付けられません。何もしないと、バナナ端子が回転してショートする可能性があるので、赤い方の回り止め用に、樹脂を固定してあります。

これがあると、樹脂がひさしの部分と干渉するので、回り止めになります。但し黒い方は何も無いので、取り扱いには注意が必要です。

オフ会の最初にバナナ端子を交換してしまったので、フォノイコの音はバナナ端子にかき消されてしまって、違いは今一良く分かりませんでした。ロジウムメッキが硬いので、慣らしには時間がかかると思います。

イコライザーカーブについては、特にマイルス・デイビスはコロンビア録音が多いので、違いが面白く聞けましたが、CDやSACDの音はどちらかというと、RIAAでの再生音に近いので、そちらが正しいのかも分かりません。

しかしコロンビアカーブで聞くと、演奏の生々しさはこちらの方が良いと感じます。まあ趣味の話ですから、どちらでもお好きな方でと言うことでしょう。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


フォノイコライザーアンプ

フォノイコライザーアンプE-2を導入してから、今まで音が悪くてろくに聞かなかったLPを、再発見するつもりで聞き直しています。

ブランフォード・マルサリス

最初はブランフォード・マルサリスの”Trio Jeepy”です。これはコロンビアのアメリカ盤です。RIAAで聞いてもそれ程違和感はありません。購入した動機は、山口孝さんの本に書かれていたアルバムだからです。サイドメンのベーシスト、ミルトン・ヒントンのベース演奏が素晴らしいです。

今まではそんなものかで聞いていましたが、コロンビア盤は1980年頃まで、コロンビアカーブでレコードを作っていたのではという話があって、試しにLow Limit50hz、Turnover390hz、Roll Off3.18khzで再生してみたところ、最初のマイクアナウンスからして、音の出方がまるで違うのですね。これで聞いたらRIAAでは聞く気にならなくなりました。

デイブ・ブルーベック

次がデイブ・ブルーベックのカーネギー・ホールでのライブ録音盤です。これもコロンビアのアメリカ盤です。RIAAで聞いていたときは、音の抜けが悪くて、厚いカーテン越しに聞いているような音でした。買って一度だけ針を落としてからは、二度と聴くことはありませんでした。

これも先ほどと同じカーブで再生してみたら、ちゃんとまともに聞けるではありませんか。これの日本盤があるのかどうか知りませんが、同じデイブ・ブルーベックの有名アルバム”Time Out”のオリジナル・アルバムを持っておられる方は、コロンビア・カーブで再生したら、まるで音楽の表現が変わると思います。

ヨーロッパ歌手

こんなアルバムを持っておられる方が、おられるのかどうかは分かりませんが、1960年代に日本でヒットした、ヨーロッパの歌手の方たちの、ベストヒット盤を集めたアルバムです。ラジオでは何度も聞いていましたが、レコードはどれも1枚も持っていません。偶々中古レコードで見つけて懐かしくて買ったものです。

早速家に持って帰って聞いたのですが、まあどうしようもない位聞けなくて、一度聞いただけでお蔵入りしてしまったアルバムです。レコード自体は非売品の見本盤で、傷もなくほとんど新品同様です。日本オリジナル盤ですから、元のテープを考えなければ、ファーストプレスで、音が悪かろう筈が無いのですけどね。

そこでダメ元で、イコライザーカーブを変えて、再生してみることにしました。そうしたら上と同じ50hz-390hz-3.18khzで再生したところ、結構まともに聞けるようになったではありませんか。レコード会社は日本のキングレコードですし、録音もヨーロッパですから、コロンビアカーブを使っているなんて事は、絶対無いはずなのですけど、まあ偶々なのでしょうか、良く分かりません。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用