農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スホルツアートからのリニア電源

スホルツアートがホームページで発表した、テレガートナー製M12 Gold Switch用の、リニア電源を発注してみました。最初は色々手違いがあり、発注が1週間遅れましたが、本日無事に受け取ることが出来ました。

この電源は元々アコリバ製の、RBR-1と言うオリジナルのリニア電源を使って、テレガートナー用の2次側電源ケーブルを付けて販売したものです。ケーブルもアコリバ製ですから、実質はアコリバで製造したものです。

この電源の最大の特徴は、基準電圧をツェナーダイオードを使わずに、乾電池を使ったことです。ダイオードは反転領域で多かれ少なかれ、必ずノイズが出ます。それを嫌ってのことです。世の中には色々なことを考える人がいます。だから面白いとも言えます。

電源1式

箱を開けて一式出した状態です。1次側の電源ケーブルは、私には必要が無いので、箱に入れたままです。後真鍮製の足が付いてきましたが、筐体を開けないと付けられないし、標準のゴム足でも構わないだろうと言う事で、使わないことにしました。

本体は結構重いです。完全密閉なので、耐ノイズ性は非常に高いと思います。2次側のケーブルは、柔軟性に富んでいて、扱い勝手は非常に良いです。

裏面のパネル

本体裏面のパネルです。取説は一切付いていませんので、詳しくは分かりません。

セット状態

セットして配線した状態です。

早速音出しをしてみました。最初はロックやポップス系をかけてみましたが、余り違いは分からないですね。と言うことでクラシックをメインに聴いてみました。

一聴してS/Nが良くなったことが分かります。暗騒音がほとんど無くなった感じで、引き込まれるような静けさです。M12 Gold Switchにして、もうこれで完成かと思われましたが、未だ上があると言うことです。

価格も半端ではありませんが、もうここまで来れば、毒をくらわば皿までもですね。安く上げるには自作しかありませんが、最大のネックは筐体の加工です。自分で図面を書いて、加工屋さんを探さないといけないです。既製品は大体帯に短し、たすきに長しです。また既製品でも追加工が必要です。

使っていて不具合が出ました。多分この電源の特性では無いかと思いますが、ある一定の時間スイッチングハブに信号を流さないと、ハブがシャットダウンしてしまいます。標準のスイッチング電源だと問題が無いので、多分アコリバの電源の仕様の問題では無いかと思います。

通電時は発熱が多いので、流れる電流量が減ると、適当にシャットダウンするのではと思います。シャットダウンすると、発熱がかなり抑えられます。一端シャットダウンすると、再起動がかなり面倒です。ハブは完全に動作が停止します。なのでPCを使って反応させることは出来ません。

電源のスイッチを一端オフにして、直ぐに再度オンにしても再起動しません。この辺の使い勝手に関しては、未だ全くの未知数です。

アコリバのHPを見ると、この電源今は在庫が無いようです。一気にはけてしまったのでしょうね。次回生産予定は未定のようです。バックオーダーが多ければ、また作ると思いますので、気長に待たれたら良いと思います。

今日の午後から、はぜかけしたヒノヒカリを脱穀しました。2条刈りのコンバインで脱穀したのですが、もう機械がかなりくたびれていて、籾がザザ漏れ状態です。刈った量の10%位は水田にばらまいています。何処から漏れているのか分からないので、修理するべきか、また検討が必要です。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


HS-210のクロック交換

Philewebのにゃんすさんから、JSPCオーディオで、QNAPのNAS、HS-210(既に廃番)のクロックの交換をやっているという情報を頂き、早速交換してみました。

JSPCオーディオのホームページで発注、銀行に振り込んだ後、HS-210のストレージをホルダーが付いたまま抜いて、本体のみを発送すれば良いです。私は土曜日に発注、月曜に銀行振り込み、月曜にHS-210を発送、火曜の午前10時にNASがJSPCオーディオに到着、同11時半にメールで発送準備が完了、と言う連絡を頂き、水曜のお昼に現品を受け取りました。

NASとLINNのDSの間には、テレガートナーのHUBがあるので、正直なところほとんど変化しないだろうと思っていました。しかし着いてストレージをセット、早速の音出しをして、セリーヌ・ディオンを聞いてみましたが、何となく低音が出なくなったような、気がしました。

hs-210

写真は交換した後のHS-210。当然の事ながら、外観に変化はありません。

clock

交換したClock発生用の標準搭載のチップ、3個使っているのですね。全然知りませんでした。

JSさんのHP(ホームページ)に交換された方の印象が書いてあって、バイオリンの音が良くなったと言うことなので、早速バイオリンの音を聞いてみることにしました。

24 caprice

後藤みどりの、パガニーニの24のカプリースです。マイクが近接設置で録っているようで、様々な演奏中の音が入っています。ちょっとうるさい位に聞こえるのですが、クロックを交換したら、今までノイズに埋もれていた、ホールに響く残響音や、もっと細かい今まで聞こえていなかった、別の音が聞こえてきたのですね。

そして今までうるさいと感じていた、付帯音は逆にうるさくなくなってしまったのです。これには少々驚きました。デジタルはノイズ対策が必要と、分かりすぎる位分かっていると思っていましたが、参りました。

低音が出ないと感じたのは、音が締まってタイトに聞こえていたからで、通電していたら段々解消してきました。音が元に戻ったような気がしなくも無い、とまあかなり歯切れが悪いのですが、S/Nは良くなっています。価格は¥5,400(税込み)+往復の送料なので、コストパフォーマンスは高いと思います。

デジタルの対策は、それにしてもキリが無いですね。アナログはモノラル用のLPプレーヤーを作ってから、LP洗浄機を入れただけですが、デジタルは日進月歩、一つところに留まることがありません。

次の対策は、テレガートナーのスイッチング電源です。スホルツアートにリニア電源を発注してあります。到着は来週になると思います。自分的にはほとんど変化はしないだろうと思っています。これがかなり変化するようでしたら、それこそデジタルは底なし沼です。

決着点を見つけると言いながら、全然見つけられずにいます。困ったものですね・・・とか言いながら全然困っていなかったりして・・・・続く

農業の方は、最後のヒノヒカリの刈り取りが、台風21号が来る前に終了しました。最終的に反収6.4俵と、過去最低記録です。原因は小米が多かった事。多分登熟の時、水不足でしたから、それが最大の原因ではと言う気がします。唯一の救いは小米の買い取り単価が昨年と比べて上がったことです。

それにしても早もの(コシヒカリ、ひとめぼれ)が良いときは、遅もの(ヒノヒカリ)が悪く、ヒノヒカリが良いときは、早ものが良くないと、やはりどちらかに偏るのはリスクが高くなります。きぬむすめは農区で乾燥籾すりをしたものは反収10.5俵でしたが、農協に出した方は反収6.6俵と納得出来るような数字ではありませんでした。来年からは、こちらで乾燥籾すりをして、玄米で農協に納入しないとダメでしょうね。

これから暫く天気が続きます。次の台風22号が心配ですが、それまでは毎日大豆畑の草刈りになります。11月は3日、4日、7日と連続オフ会です。農業のことは忘れて、音楽とオーディオの話で、盛り上がろうと思っています。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


10月15日TADの新型SPを聴きに行きました

10月15日は朝から雨だったので、防府にあるサウンドテックに行ってきました。目的はサウンドテックのブログで、TADの小型SPが入ってきたので、13日から3日間試聴可能という記事を見つけたからです。

TADのSPは東京インターナショナル・オーディオショーでも、いつも満員お礼で、部屋に入ることも出来ず、過去に一度だけフロア型SPを、ダイナのサウンドハウスで、店長が試聴会を開いて、それで聞いたことがあるだけです。

TADの2251と言う、元々はスタジオモニターSPとして開発されたSPを使っている、ユーザーとしてどう変化したのか、又は変化しなかったのかを聞いてみたかったわけです。

全景

左右両端に写っている、専用スタンドに乗ったブックシェルフ型のSPが、今回の試聴SPです。下のSPがウーファーで、上のSPが同軸2wayの中高域用SPです。

スタンドは別売の、このSP専用のスタンドです。

SP

SPのアップ写真です。

専用スタンドを入れたら、1台が百万を少し超えます。接続はバイワイヤー接続が出来るように、ウーファーと、中高域が別々の端子になっています。

何枚かソフトを持って行って聞いてみましたが、驚くことに我が家の2251と鳴りっぷりがそっくりなのです。そのまま持ってきても違和感は無いなと思いました。

細かく聞くと、SPが全く慣らしこまれていないので、バイオリンの音が神経質で、響きの豊かさが欲しいなとか、もう少し低域の沈み込みが欲しいなとかありますが、贅沢を言ったらキリが無いので、SPのサイズから言ったら、必要にして充分な音が出ていると思いました。

使用しているインターコネクト・ケーブルや、SPケーブルが硬くて、その辺の音が乗っていると思います。しかしちょっとした変化を敏感に表現するので、調整は却って簡単で分かりやすいのではと思います。

しかし訳が分からずやると、逆に迷路に迷い込む可能性もあります。素材がしっかりしたSPなので、調教次第では大化けしそうです。

それにしても、パイオニアがTADのユニットを使用して、exclusive2251を発売したのが、1993年です。私が購入してから20年以上経過したわけですが、その当時設計した人は既に定年退職していますし、開発された方も管理職以上にはなられているでしょうから、今のTADには余り縁が無いのではと言う気がします。

それにしても出てきた音がハッとするほどよく似ていると言うのには、驚きでした。やはり血筋は争えないと言う事なのでしょうか。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


キングレコードから発売されたLP

9月22日以来更新していませんでした。時間があるときは書くことが無く、色々やったときはくたびれて寝てしまうと言う事で、中々書けませんでした。

9月22日ひとめぼれが全て終了した後、少し時間が空きました。ひとめぼれの結果は、農協から最終何袋ありましたという連絡が来ないと分かりませんが、まあ良く出来て7.5俵/反、ダメでも7俵/反と言ったところでは無いかと思います。

その次に刈ったのが、倒れが出ていた餅米です。9月27日に刈り取りました。雨が降る前の日です。結果は反収7.5俵でした。30kg入り袋で30袋でしたが、今は皆さん段々高齢化して、餅を食べなくなり、今は10袋程度売れ残っています。餅米は売れないので、農協は一切引き取りません。

次に刈ったのがきぬむすめです。今までは全量農協に出していましたが、今年はヒノヒカリを植えた面積が、1町歩少なかったので、全量を外食用に廻す関係で、組合員用にきぬむすめを出すことにしました。

販売用の米は約6反刈り取り、結果は10.5俵/反と過去に無い高収量となりました。小米も2%とほぼ0に等しい数字です。昨年は全量を農協に出し、結果は5.8俵/反と言う事でした。刈った感触は悪くなかったので、農協の数字がおかしいのではと言う気持ちは、今でもあります。

今年農協に入れた分の結果によっては、来年以降考えないといけなくなるかも分かりません。

10月8日から最後のヒノヒカリの刈り取りが始まりました。全部で3町1反です。全量を外食産業用に出すので、収量が最重要課題です。10月11日の時点で、刈り残した面積が約7反です。12日からほぼ1週間雨が続く予報なので、残りはいつ刈れることやらです。晴れたら1日で刈り取れる面積です。

ヒノヒカリの中間での反収は6.2俵と、過去に無い悪い結果です。今までは悪くても大体7俵はあったので、完全に米が足りないという事態になります。小米も、今年は倒れてしまったひとめぼれが悪かったのですが、それでも10%程度と予想しています。ヒノヒカリはその倍近くもあるので、これも反収の悪さにつながっています。

農業の話はここまでとして、9月29日からあった東京インターナショナル・オーディオショーで、キングレコードが低音シリーズと銘打った、2枚組LPを先行発売しました。そのニュースをphilewebのニュースで知ったので、早速手配しました。

2枚組で各1万円です。先日ちゃぷちゃぷレコードの方が来られたとき、LPの原価は大体1枚¥5,000とお聞きしていたので、キングレコードも全部売り切れて赤字が出ないという、商売としてみたらうまみの無い、会社としたら宣伝用、買う側としたらお買い得、と言うことなのではと思います。

今回のLPレコードは、先行発売されたCDが好評だったと言うことでの、発売の様です。我が家では圧倒的にLPレコードの方が音が良いので、CDは持っていませんが、買ってみたというわけです。

wood

ブライアン・ブロンバーグ”WOOD”、33rpm重量盤2枚組です。CDは好評でかなり売れたそうです。今回は初のLP化で、多分限定プレスでしょうから、売り切れたら終わりになるのか、キングレコードですから、注文殺到になったら増販があるのかも分かりません。
兎に角録音も凄いけど、演奏が素晴らしいですね。聞いたことの無い方にはお勧めです。

base

フランスのベーシスト6人組のアルバムです。45rpm重量盤2枚組です。片面2曲しか入っていません。最も上のLPも片面3曲しか入っていません。

スペアナ

6人組のアルバムの、スペアナの画面です。ホールドで撮っています。何が書きたいかと言いますと、使っている楽器がベースしかありませんが、ベースだけで25hz~20khzまで満遍なく音が入っていると言う事です。どんな楽器でも倍音成分がふんだんにあるので、厚みのある豊かな音が出ます。

Ipadの画面ですから、これが限界ですが、もっと高性能なスペアナでしたら、もう少しレンジが広がると思います。音楽は測定するものではありませんが、目で見えるようにするには、これしかないので、参考にして頂けたらと思います。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報