FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



何が原因で駄目だったのか

インターネット・エクプローラー上で、仮名漢字変換出来なくなった理由が分かりました。あるセキュリティーソフトを、アップデートしたらなったのですが、どんなソフトだったのかは、ここでは書けません。

有料で販売されているソフトでは無いので、ご安心ください。またそのソフトは、アップデートしない限り問題は起こりません。

LINNのKLIMAX DSが/2から/3にアップグレードが、発表されましたね。なんと言っても、今回の最大の目玉は心臓部分のDACが変更されたことです。それに伴って、回路基板も大きく変更されています。

9月25日サウンドクリエイトで、発表会が催されました。聞きに行かれた方の話から想像と、過去のLINNのアップグレードを経験してきた事からすると、基本的な音が変わったと言うことは、無いと思います。LINNが突然、GOLD MUNDになるなんて事はありえません。

進化の仕方としては、以前私がLP12のトーンアームを、AKITOからEKOS SEに変えたときのように、音の無い部分の空間表現が、ものすごく良くなった。つまりトーンアームパイプの材質が、アルミからチタンに変わったことで、不要な振動が減ったこと、アームの支点部分が、一体加工品に変わったことで、剛性が飛躍的に上がったことで、S/Nが良くなり、音の雑味が驚異的に減ったことが、理由だろうと思います。

今回DSに搭載されたチップは、旭化成エレクトロニクス製の、フラグシップチップである、”VERITA”AK4497EQです。PCMは32bit 768khz、DSD512(22.4mhz)に対応しています。

LINNはDSDはやらないので、DACはDSDに対応していますが、出力はPCMだけです。DSDに対応させるのは、ソフトの問題だけですから、何で対応させないのか、この辺は疑問に思っています。

QNAPのNASは、トンキー・メディアはPCMしか対応していませんが、minimserverはDSDでも出力が出来ます。但しTAGは拾えないと思いますので、ソフトはFolder管理になると思いますが、DSDでは使ったことが無いので、分かりません。

DACのS/Nが良くなったことと、THDが減ったことで、やはり音の無い空間部分の表現力が、大幅に上がったそうです。音の雑味が大きく減ったことで、音の純度や、浸透力が上がったものと思われます。

聞いたら欲しくなるでしょうね。幸いなことに中国地方から西では、デモ予定は無いそうですし、通常置いてある店もありませんから、どうしても聞きたい方は、とりあえずは東京まで行くしかなさそうです。今回の発表はKLIMAX DSとDSMだけです。

今回はKLIMAX DSが初めて発売されて、10年目にして最大のモデルチェンジになります。今回のDACを採用するに当たり、延べで10個のDACを比較したそうです。

LINNは全て表面実装多層基板ですから、基板設計を多分何十種類もやったのでしょうね。前回のDS/2から僅か1年での発表ですから、随分と短時間にやったなという感じがしています。それとも、もっと前から検討していたのかも分かりません。

ところでDS/2はdbpoweramp ver16.1、wavによるtag無しリッピングが全て終わり、サムソンの850PRO、SSDでの再生で、やっと真価を発揮してきたようです。850PROの2TBは中々価格が下がってきませんが、850EVOの1TBはかなり価格がこなれてきたようです。

コストを抑えたい方は、元ソニーの社員だった、カナイマルさんという方が、ブログでwesterdigitalのgreen(今は機種の変更でblueになっています)のHDDが良いと書かれています。

音の良い理由は、多分ですが一般的な7200rpmではなく、5400rpmを使っているために、振動と発熱が少ないからでは無いかと思います。下手なSSDよりは音が良いそうです。多分多層プラッターより、シングルプラッターの方が良いのでは、と思います。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


やっと何とか修正できたようです

9月28日半日かかって、やっと直ったようです。原因は全くわかりません。ある日突然Internet Explorer上で、仮名漢字変換が出来なくなり、やっとの思いでカタカナ入力できるようにして、慣れないカタカナキーボードで、やっとこさ先日のブログを書きました。

結局原因がわからないので、Cドライブ上のOS全部を削除して、コマンドプロンプトからフォーマットをしました。何十年ぶりかではオーバーですが、本当に久しぶりにDOSコマンドを使ったもので、全くやり方を忘れてしまい、別のPCからインターネットを検索して、何とか遠い記憶の彼方から、やり方を思い出しました。

もう何年もWindows7を同じPCで使っていたものですから、PCが重くなり、かなり使い勝手が悪くなっていました。その内にドライブをフォーマットしてやり替えねばと思っていた矢先に、お助けソフトを見つけたのが運の尽きで、怪しいなと思いながら試しにインストールしてみました。

まあ絶対にやってはいけないことをやってしまったもので、即座に削除しようとしたのですが、うまくいかず、結局OSから入れ替える羽目になりました。下手にバックアップもとれないので、即削除したものですから、メールアドレスは無くなるわ、もうさんざんです。

そんなことをやっている内に、稲の刈り取りが、誠に絶妙の運に助けられて、しかも新品の4条刈りのコンバインの性能と相まって、雨が降る寸前に刈り取りが終了するという、大豆はイノシシと鹿に散々な目に遭っていますが、捨てる神あれば、拾う神ありを地でいっています。

コシヒカリは今まで反収7俵台がやっとだったのですが、水田によっては9俵に届くかという好成績で、ヒトメボレも猪にメチャクチャにされた水田1筆を除いたら、反収8.1俵という今までに採れたことの無い数字が出ました。

マンゲツモチは3筆植えたのですが、こちらは3筆とも猪のヌタバと化して、もう絶望的数字で、反収5俵にも届きませんでした。昨年も猪に散々やられましたので、同じ水田はもう使えそうも無いですね。1年遊ばせてすぐ側まで迫った山の藪を切り倒して、猪柵を仕掛けて、個体数を選らさない限り、どうしようもなさそうです。

1町5反あるキヌムスメも、9月27日の全日だけで刈り取りが全て終わりました。これは全て農協に持って行ったので、農協から連絡が来ないと、何俵採れたのかは分かりません。本当は後1週間おいた方が、熟れ具合が丁度よくなるのですが、猪にメチャクチャにされたら、それどころでは無くなるので、仕方の無い選択です。

後はヒノシカリが4町2反残っているだけです。それにしても4条刈りのコンバインの威力は大したもので、今まで1町5反刈るのに、最低でも3日、雨が降ったりして中断したり、ぬかるみに嵌まって機械が壊れたりして、1週間かかったりしていました。機械の借金はありますが、時間短縮によるコストダウンは大きいですね。

その分皆さんの従事分量配当は確実に減るでしょうけど、減った機械の修理代金と、減った人件費で、借金の返済は賄えるかも分かりません。

ヒノシカリの刈り取りは10月3日からの予定ですが、天気予報は雨です。日照時間が減っているので、熟れ方が遅くなってきています。急ぐ必要がなくなってきたし、水田が全て部落の中にあるので、猪もそうは入ってこないでしょう。草刈りも全て終わったので、気持ちも軽やかに、刈り取りまで過ごせます。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


フグアイハツセイ

Internet Explorerジヨウデ、カナカンジ ヘンカン デキナクナツタ タメ、 カイケツ デキルマデ ブログハ オヤスミシマス。

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記


今年の農業も最終段階

今年の私の担当は、ヒトメボレが1筆あるだけで、後はすべてコシヒカリです。草刈りの担当も全8筆の内4筆がコシヒカリで、1筆がヒトメボレです。コシヒカリはファーム上げの中では、一番最初に植える品種ですから、刈り取りも一番早いので、草刈りは一番早く始まりますが、刈り終わりも一番早いということになります。

今年の天気は7月20日前に梅雨が明けたとたん、晴天続きとなり、1ヶ月以上全くの雨なしとなりました。おかげで日照には不自由せず、その代わり完全な水不足、そのためかどうかはわかりませんが、普段は余り見かけないイナゴが今年は異常に多かったです。

イナゴに食べられた穂は白くなり、枯れてしまいます。最初は穂イモチかと思いましたが、イナゴが原因で、今年の作柄はどうなることか。今年からほぼ寿命になった2条刈りのコンバインに代わり、4条刈りのコンバインを新たに導入しました。今年からディーゼルエンジンの新たな排ガス規制が入り、価格は高騰(100万以上のアップ)、補助金の受給資格が厳しくなり、補助金が無くなりました。

お陰で全部自己資金で調達しなければいけなくなりました。500万以上の借金を7年で返済しなければいけません。他の農業法人は、女性の参加が多く、野菜の栽培を多く手がけていますが、ファーム上げはほぼ男手なので、野菜はやっても失敗続きで、赤字を垂れ流すくらいなら、やらない方が良いということで、その代わり補助金もなしです。

今年の米は晴天が続いたので、熟れ方が早く、いつもより1週間から10日も早く、刈り取りが可能になりました。そのためにいつものつもりで草刈りを構えていたら、穂を見てこれはまずいということで、8月25日落水と同時に草刈りを始めました。

ヒノヒカリ

9月8日のヒノヒカリです。9月初めに穂が出たばかりです。いつもだと10月に入ってからの刈り取りになりますが、今年はどうなりますか。

コシヒカリ

9月8日のコシヒカリです。雨が降るのでヒノヒカリは恵みの雨ですが、コシヒカリにとっては余計なお世話です。水田は乾かないし、稲は倒れるしで、刈り取りが大変になります。10日から刈り取る予定です。

ヒトメボレ

9月8日のヒトメボレです。もういつでも刈り取りが出来ます。コシヒカリが先なので13日から刈り取る予定ですが、予報は雨です。

農業の日程がびっしりと混んできました。お陰でオーディオは全くのあっち向いてホイ状態で、ほったらかし、再リッピングも棚上げ状態となりました。

リッピングはdbpowerampがバージョン16.1となり、configでTAGを外すことが出来ることが分かり、前回のブログで書いた、ヘイリー・ウェステンラで再リッピングしたところ、その再生音で有効性が確認できました。

しかしQNAPに導入している、トンキーメディアでは、TAGデータを完全に無くすと、キンスキーでの表示がデタラメとなり、全然使えません。TAGデータを使わない、フォルダー管理だけで表示してくれる、サーバーソフトが無いか探していました。

QNAPのアプリケーション・ソフトの中に、minimserverというソフトがあります。一度これを試したのですが、このソフトGNAP側からは全くさわることが出来ません。その為にインストールしたのですが、どうしようも無くて削除していました。

そうしたところhimaさんから、お助けのコメントとメールが来ました。minimserverの設定は、minimwatchというソフトを、PC側にインストールして、そちらから設定しなければいけなかったのです。

しかしこのminimwatchも、PCにインストールしてはみたものの、アイコンをいくらクリックしても、全くウンともスントも反応しないのですね。しばらく悩んでいましたが、minimwatchをダブルクリックして起動すると、windows7の画面右下の隠れアイコンの中に、minimwatchのアイコンが表示されます。

これをマウスの右クリックすると、メニューが表示されるので、PropertiesからQNAPサーバー内の、フォルダーを指定すればOKです。最初からマルチメディアという、QNAPが用意したフォルダーの中に、データが入っていれば、何もしなくてもOKです。

キンスキーの最初の画面で、minimserverを選択して、一番下にあるFolderをクリックすれば、完全なフォルダー管理だけのアルバム選択が出来るようになります。画像はFolder.jpgという名前にして、同じフォルダー内に入れておけば、何もする必要はありません。

一つ抜けていました。上記アイコンを右クリックした際に、一番上にデータの再検索という表示があるので、一番最初と、データを新しく入れたり、書き換えたときは必ず再検索をしてください。トンキーのように自動ではやってくれません。LINN KONFIGをインストールされている方は、KONFIGの方から、minimserverをクリックして、rescan(再検索)させることも出来ます。

ということで、完全なTAG無し、WAVデータでのリッピングが可能になりました。再生音はCDデータで十分です、ハイレゾの必要性は全くといって良いほど、我が家では無くなりました。

リッピングソフトは、これからもバージョンアップが進んでいくと思います。ダウンロードデータは、ダウンロードしたところで終わりですが、CDメディアでしたら、何度でも再リッピングが可能です。

CDが全く手に入らなくなれば、ダウンロードも考えますが、手に入る内はメディアにこだわりたいと思います。

しかしアルバムジャケットは、やっぱり何といってもLPの存在感は圧倒的ですね。場所を食って誠に邪魔ではありますが、これはこれで手に入る内は、こちらも止めるつもりはありません。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報