農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



悩み多きリッピング対策

9月20日ヒノヒカリの間断灌水の、最後の水入れをします。9月25日には水落ですが、それまでには全部抜けてしまうので、わざわざ水を落とさなくても良くなります。

今年の米の出来は、コシヒカリの刈り取りが9月19日には終了しましたが、ほぼ反収7俵にはなりました。小米はいつもの通りで10俵で1俵です。小米の相場は昨年激安になりました。ほぼ前年の1/10の価格です。飼料米と比較してもそう変わりません。

今年は例年に無くいもち病が大発生していて、特に8月25日に来た台風から酷くなりました。しかしコシヒカリの収量は、昨年より多かったのです。その後に刈るヒトメボレは、かなり酷いことになりそうです。

9月18日から晴天が続く予報なので、ヒノヒカリは日照不足が持ち直しそうです。昨年はほとんど発生しなかった、ヒノヒカリもいもち病が発生しています。これから少しずつ広がってくるので、反収に影響が出そうです。

いもち病というのは、最初は稲の葉に出ます。葉が枯れたようになり、穂が出ると穂の方に移ります。カビの一種で、一応予防用に農薬も出ています。今回も空中散布したのですが、効いたようには見えません。穂に移ると、穂が白くなって全く実を付けません。稲にとっては怖い病気です。

さてリッピングですが、USBケーブル対策で、音が変わるのは分かったのですが、実は数年前にCELLOのデモCDをリッピングして頂いたデータがあります。その中で良くシステムチェックに使う、ゲーリー・ピーコックのソロ演奏で、アンブレイサブル・ユーという曲があります。

この演奏が凄まじいのですが、気をつけないとやり過ぎて、SPを飛ばした人がいるそうです。それで色々テストしていたのですが。何と数年前に頂いたデータに、先日リッピングしたデータが、ものの見事にやられてしまいました。ベースの胴鳴りの低音部分が、ほとんど出ていないことが判明したのです。

一体何が悪いのか、この時の使用機材は、古いIBMのノートPCに古いバージョンのdb poweramp、USBケーブルは普通のPCショップで売っているもの、唯一違いそうなのがパイオニアのDVDドライブユニットです。

これは使われていた方が、プレクスターを手に入れる事が出来なくて、代わりに買われたものです。もしかしたらこれに完敗、しかし同じものはもう手に入らないので、比較のやりようがありません。

全くリッピングは、タダのリッピング、されど・・・・どうしてやろうかと悩みは尽きません。DSはまた壁にぶち当たりました。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


USBケーブルへの対策

db powerampをアップデートした後、USBケーブル対策をしながら、リッピング作業をずっとやっています。半分泥沼状態になったのですが、取り敢えずの結論は出すことにしました。

やっていた対策は、ケーブルコネクタ部分の、ガタの低減、端子部分のノイズ対策(空中から飛び込んでくる高周波ノイズが主です)、端子部分の制振対策です。

ケーブルコネクタ部分のガタの低減は、LAN端子でやってみて、効果があったので、USBも同じだろうと言うことでやってみました。結果は当初はかなり良いと感じていましたが、時間が経つと思った程でも無いなに変化しました。

次に端子部分ですが、私が使用しているアコリバのUSBケーブル端子は、元々が金属製カバーが着いているので、防磁テープを巻いても、効果はそれ程ありませんでした。

最後の熱収縮チューブを使った制振対策ですが、聞いたときは良いかなと思いましたが、何もしなかった一番最初の音源と比較したら、音が少し抑圧的に聞こえるのです。何もしなかった最初の音が、伸び伸びとした軽い音で、アナログの時の対策と、同じ事が起きました。

やはり制震は難しくて、やったら良いときと、ダメなときが顕著に出ます。今は熱収縮チューブは外しました。デジタルでもアナログと同じ影響が出ることに、少々驚きましたが、結局アナログも、デジタルも同じなのかも分かりません。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


再リッピングの見直し

db powerampをバージョンアップして、再リッピングをしていました。ソフトによるバラツキはあるものの、音がクリアになり、高域も低域も伸びるようになり、一度聞いてしまうと、やはり元には戻せなくなりました。

実はシュタインメッツさんのコメントに対しての返事に、リッピングドライブと、PCを接続しているUSBケーブルが、大事ですと書きながら、完全に頭隠して尻隠さず状態で、ザルで水をすくっていた状態だったのです。

今までDSを再生していて、LANケーブルのRJ45コネクタの、接続部分にガタがあり、そのガタで再生音が結構スポイルされていて、その対策に防磁テープを使って、ガタを取っていました。

しかしリッピングに使っているUSBケーブルは、ずっと未対策でした。リッピングデータが変わるわけでは無いので、音への影響は無視出来ると思っていたからです。

ところがリッピングを初めて、1週間程が経ち、突然(いつもの事ながら)ガタを取ったらどうなるか、興味がわいてきたのです。早速LANケーブルと同じ要領で、端子部分に防磁テープを巻いて、再々リッピングをやってみました。

ところがやってみて、驚き桃の木も良い所で、まずクリアに聞こえていた、音のエッジをうまくほとんど目立たない位に、丸めてくれたのです。丸めたと言うより、手が切れる鋭さに少しRをつけて、触ったぐらいでは切れなくなったのです。

音全体がストンとあるべきところに、収まった感じです。腰が据わって、今まで寄らば切るぞが、安心して聞いていられるようになりました。人によっては温和しくなったと言われると思います。

パット聞きには少しエッジが立っていた方が、周波数レンジも広く、音がクリアにも聞こえますが、エッジが無駄に立っていると、長時間聞くと疲れるし、様々な曲を聴くと飽きが出てきます。やはり時間をかけてじっくり聞くしかないでしょう。どんな音にするかは個人の好みですから、それはご自分で判断して下さい。

それにしてもバイナリレベルで、データ量に変化があるとは思えず、これも何故音が変わるのかは分かりません。タダLANは送り出したデータと、受け取ったデータを必ず比較していますが、USBは送りっぱなしですから、その辺の違いはあるのですが、端子のガタの問題は同じですね。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用