農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



いよいよ最悪の季節になりました

7月末ついに全国で最も遅い梅雨明け宣言が、九州北部と山口県に出ました。今まで日照不足だった稲にとっては、恵みの天気ですし、大豆の除草のための中耕管理も、仕上げることが出来ました。

大豆の中耕管理は、管理機を使って、大豆の苗の間の土をひっくり返すことで、草を土から掘り出す作業です。掘り出した後雨が降ると、草がまた根付いてしまい、全然除草作業になりません。

昨年はその為に、後で人間が総出で、手作業で除草をしなければ、ならなくなりました。今年は一昨日から天気が続き、ひっくり返した草は、水分補給が出来なくなりそのまま枯れてしまいます。これで除草作業は1回分省くことが出来ます。

この時除草剤をまけば、その後は刈り取りまで除草しなくても良くなるのですが、散布機が無いので、それが出来ず8月か9月にはまた除草作業をしなければいけなくなります。

今は水田の畦や土手の草刈りをしていますが、昼間の気温が日陰でも32度近くなり、直射日光の当たる水田では、30分も作業を続けたら、体温が上がってしまい、ふらふらになってしまいます。

水分を摂ると、シャワーを浴びた位、シャツが汗でビショビショになります。また水田は今は中干し中です。中干しは土の中に酸素を供給するので、稲の根がしっかり張って、穂が付いた後の稲が倒れにくくなるのと同時に、分けつと言って苗の時は数本だった茎が、10本以上に分かれ、それだけたくさんの穂が付いて、収穫が増えます。

水田の中も雑草が生えないように、除草剤(主にヒエ対策)を田植え後散布したりしていますが、水田によって生えやすいのと、生えにくいのがあって、生えやすい水田はヒエの除草作業が大変です。

未だ穂が出ているのが少ないので、稲とヒエを見極めるのが難しいのですが、出来るだけ穂が出る前に、ヒエを抜いた方が、種が落ちなくて、翌年以降が助かります。しかし一度大豆を植えTら、ほぼ完全に元の木阿弥になります。

ヒエは稲より背が高くなり、広がるので、水田の中で結構目立ちます。余り多いと周囲の目がうるさくなるので、ある程度は綺麗にしておかないといけないのです。またヒエは株が大きくなり、稲を完全に食ってしまいます。その為に米の収穫量が減ります。

毎日少しずつでも、炎天下でヒエ抜きをしています。昔の農民はほとんどの作業を手でやっていた訳ですから、まあ良くやったなと感心します。昔は職業選択も、移動も自由がありませんでした。あったらどうなっていたでしょうね。少なくとも幕藩体制の維持は難しかったと思います。

スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


昨日の斜面歩き用のスパイクを使ってみました

早速斜面歩き用のスパイクを使ってみました。斜面を歩くために、今まではスパイク付長靴を使っていました。そのスパイク付長靴に付けてみたわけです。

未だ全く使いこなしていないので、使い方が十分では無いことを承知して読んで下さい。

先ず右足に装着して、斜面を上から下に向かって歩いてみました。もの凄く歩きにくいです。理由は長靴に対して、スパイクシューズが、しっくり収まらず、ちょっと斜めになっただけで、直ぐにスパイクがこけてしまい、全く歩けません。

仕方が無いので、下まで滑り降りて、スパイクを付け直しました。下に下りた後、スパイクを付け直して、今度は横歩きをしてみました。土が軟らかいと、スパイクがきちんと、土手に突き刺さって、姿勢が安定しますが、斜面に対して足裏が完全に直角にならないと、直ぐにこけてしまい、全く歩けません。

もう一つは、土が硬かったり、石にスパイクがぶつかると、スパイクが斜面に突き刺さらず、またスパイクがこけて歩けなくなります。結構使いこなしを要求されます。また斜面を横歩きするときしか使えないので、斜面の上がり下りの時は、外した方が良いです。

未だ5分程しか使っていないので、使ってみたというレベルには、全く至っていません。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


久し振りの農業の話題です

農業をやっていて一番大変なのが、土手の草刈りです。水田は水平ですし、斜面は当然のことながら、水平に対してある角度があります。草を刈るとき出来るだけ、水田の中に草を刈り落とさないようにしようとすると、斜面を横歩きしながら、草を刈り払い機で、刈り上げないといけません。

そうなると、人間は重力の向きに対して、同じ方向を向かないと、立つことが出来ません。そうすると必然的に足の裏は斜面に対して水平にしないと、足裏全体で体重を支えることが出来ません。

また斜面ですから、靴底の滑り摩擦係数と、体重と、斜面の角度分の力が、体重以上でないと、斜面から滑り落ちてしまいます。

先程の足裏全体を、斜面に対して直角向きとすると、足首で斜面の角度分を修正しないと、人間は立つことが出来ません。そうすると足首が無理な力でねじ曲げられていますから、長時間続けて同じ姿勢を保つことは、不可能になります。

大体慣れた人で精々20分位続けたら、足が痛くなります。これはスパイク付の靴や、長靴を履いても同じです。つまり足裏を水平にしない限り、ダメなのです。

そこで考えたのが、斜面に間伐材を使って、犬走りを設置することです。そうすれば、犬走りの上に体重をかける、足裏を水平に乗せられますから、安全にある時間続けて作業が出来ます。

問題は犬走りを設置する作業が大変なことで、結局アイデア倒れになりました。その後も色々探していたのですが、偶然にインターネットで探し出しました。

福島県いわき市で回転寿司やをやっている人が、試行錯誤しながら、斜面を横歩きできる、スパイクシューズを考えたのです。会社名はイーハトーブという名前です。

刈り上げ用の右勝手と刈り落とし用の左勝手です。

上面

上の平らの面に長靴の底を起きます。

スパイク側

スパイクピン側です。これにある程度の強度が無いと、曲がったり、付け根から折れたりします。

斜面下側

三角形の金具が、斜面の下側に来ます。

後ろ側

後ろから見た写真です。スパイクがある方が、斜面の上側になります。この靴は右足用ですから、刈り上げで使います。スパイクは、斜面から滑り落ちないようにするためです。

価格は運賃、代引き手数料、消費税込みで¥9,800でした。使い勝手は、未だ使っていないので分かりません。またレポートします。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


7月20日の件

7月19日はそのまま鳥栖市のビジネスホテルに宿泊しました。翌20日再度amabukid邸へ訪問。いよいよこの日は本格的に比較することにしました。

前日夕方になりシステムの音がこなれてきた頃、DS/1と/2の違いを比べてみました。自宅では低域の、かなり低い方の分解能が高くなり、今まで少しモゴモゴしていた部分が、明確に分離するようになった事です。

sp set

メインSPですが、振動板がセラミックなので、重いと言うことがあり、ある程度のパワーを入れないと、ウーファーが動かない、しかし入れすぎると、過大入力になりコーン紙が割れる心配があり、手探り状態での音出しをしていました。

スマホの周波数特性を見るソフトで測ると、音は出ていますが、人が感じる音圧には届かない部分があって、/1と/2の違いは分かりにくかったと思いました。

高域の伸びはやはり/2が優れているので、音の広がりは/2の方があると思いました。

しかし20日午前中一杯掛かって、システムをたたき起こすべく、様々なソフトをかけていたのですが、聴けば聞く程違いが良く分からなくなってきたのです。

音が激変したら、それこそ今までの音は何だったのか、と言う事になりますし、テスターの方が代わっていないとしたら、基本的な傾向が変わることはありません。それがあるので、私は聞きもしないでアップグレードを頼んだわけです。

午後から今回の比較試聴で、全く初めて聞く方に、ブラインドで聞いて頂きました。

入力系

入力系です。左下がklimax kontrol、右上がklimax ds/2 右下klimax ds/1です。

hub部分

オーディオ用のハブです。使用する場合は、このハブはdsとnasだけを接続し、上流側のハブにルーターやPCを接続すると良いです。今回は実験で仮置きなので、全て仮設状態です。

いよいよ比較試聴と言うことで、ブラインドでやることにしました。結論的にはds/1の方が良いという結果になりました。しかしどうもds/1とds/2では音量が微妙に違うように感じました。ds/1の方がほんの僅かですが、大きいように感じたのです。

今回amabukidさんは、アップグレードはパスすることになりました。ハブを帰る前に、以前のハブに戻しましたが、レンジが見事にナローになりました。まあこれはこれで、聞きやすい音なので、慣れてしまえばそんなものになると思います。

ということで、amabukidさんは急遽ハブを発注されました。どうもギリギリセーフだったようで、その直ぐ後注文サイトは閉鎖されたようです。多分受注が多すぎて、作りきれなくなったのだろうと思います。待っていればその内再開されるのでは無いでしょうか。

私の結論としては、アップグレード自体は、全く後悔はしていません。折角ds/2にしたわけですから、これを生かし切るように、システム全体をブラシュアップするつもりです。オーディオ機器は、買っておいただけでは、その機器の実力を100%出し切るのは、難しいと思います。

やはり実力を出し切るための、不断の努力が必要です。まあだからオーディオは面白い趣味だと思います。

次はいよいよnasの電源の検討です。中身は大体決まっていますが、やはり見た目も大事と言うことで、ぼちぼちやることにしています。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


7月19日の件

7月19日自治会主催で、朝8時から沢江川の河川清掃をしました。今回の河川清掃は、17日に降った雨が、時間当たりの降水量は1mmと2mmとか言う値ですが、ほぼ1日中降ったようで、総雨量は50mm以上になっていました。

17日山口市に行く途中、川が増水していて、もう少しで道路が冠水しそうな、状況でした。これで時間当たり10mmの雨量が、数時間続いたら、あっという間に洪水になってしまいます。

普段流れている水とは、全く表情が一変するので、怖いなと本当に思いました。

沢江川も、普段は運動靴は無理ですが、簡単な長靴でしたら、いくらでも川に中を歩くことが出来ます。しかし今回は水量が多く、人が流されたら危険なので、前日までやるかどうか、決めかねていました。

川の中に下りて、歩いてみたら、それ程危険では無いことが分かり、河川清掃を始めることにしました。人数は16名程集まり、3班に分かれて始めることにしました。終わったところが、遅れているところに手伝いに行き、9時半には全て終了しました。

その後私は新山口発14時近くの新幹線に乗り、一路amabukid邸に向かうことにしました。比較試聴用のDS/2は18日に発送済みです。オーディオ用のハブも一緒に送ってあります。

16時前に到着して、早速聞いてみることにしました。最初はamabukidさんが使われているハブを使用しました。私が2曲位聞いたところで、我慢が出来なくなり、直ぐにハブを交換しました。

交換して最初の印象が、音が大きくなったことです。デジタルデータは、LANですから、送ったデータと、受信したデータは、常に比較していますから、変わるなんて事は絶体にありません。そしたら何で音量が上がるの・・・・ですが、全く分かりません。

もう比較するまでも無く、オーディオ用のハブに軍配が上がってしまいました。その後DS/1と/2の比較ですが、システムが未だ全くお目覚めでは無く、無理矢理比べれば確かに違いますが、かなり低レベルな比較になりました。暫くはひたすら、システムを起こすことに専念しました。

この日は夕方から飲みに行く予定でしたので、少し良くなったかなというところで、19日はお開きとなりました。

その後鳥栖市に移動して、飲み会をしました。焼き鳥屋でやったのですが、美味しかったです。JR鳥栖駅から、歩いて3分位の場所です。もの凄く混んでる店で、かなり繁盛しているようでした。2時間程で一人4千円でした。飲むより食べる量の方が多かったです。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


オーディオ用ハブ続き

オーディオ用ハブに入れ替えてから、3時間を経過した頃から、音がドンドンこなれてきました。抜けも良くなってくるし、高域も低域も伸びるところまで、伸びてきました。

coregaのハブでDS/2にアップグレードした後、音の肌触りが悪いと感じられるものが出てきました。極端に言ったら少し耳につく、うるさいと感じられるものです。これが感じられるようになったので、ハブの性能限界と判断したわけです。

LINNがDSを発売して、8年位経ちますが、ずっと100base仕様です。しかし当時100baseのハブでは、全くDSの性能は出ませんでした。全てのハブを試したわけではありませんので、断定は出来ませんが、1000baseの方が音が良かったのです。

その中でもcoregaのSW08GTXHGは、電源が3P端子で、金属筐体、電源内蔵という条件に、ピッタリマッチして、音も結構良かったのです。それもDS/1迄でした。

DS/2になってやはり欠点が表面化したのと、丁度福岡にあるJS PC Audioと言う会社から、オーディオ用ハブと銘打った製品が発売されました。通信は100baseです。それで興味を持ち発注してみました。

電源を入れて6時間を経過した頃から、もう完全にこのハブに、とりつかれてしまいました。もう元には戻れないですね。

DSもDS/2になって、低域の分解能が上がり、ユジャ・ワンの”La Valse”の左手も、しっかり最低域まで、再生されています。今までは少しモゴモゴした部分があって、再生能力の限界かなと思っていました。

これが全く普通に聞けるようになりました。この辺がジッターを減らした、大きな効果が出ている部分だと思います。

またTrio Doomのトニー・ウィリアムスの、バスドラムが充分に切れておらず、何だか良く分からない、音量で誤魔化していましたが、今は普通に聞けるようになりました。

ハブを交換する前のバーレスクは、アギレラの声がやはり少し刺激的だったのですが、これも綺麗に抜けるようになり、聞きやすくなった分音量が上がりました。その分バスドラムも強烈になりました。SPと飛ばさないように注意が必要です。

20日のamabukid邸での比較試聴会で、やり過ぎないように気をつけないと、相当危ないです。

サラ・ブライトマンのシンフォニーの中の”アテーサ”は、音量を上げると、サ行がきつくなって、実に聞きにくくなるのですが、これもハブの効果が大で、DS/2になった事と相まって、刺激的部分がかなり良くなりました。

今ネックになっていると思われるのは、NASです。韓国のサムスン電子より、2TBのSSDが報道発表になりました。いずれ製品として出てくるでしょう。そうなればQNAPのHS210を使って4TB、フォーマットして3.5TB分入れる事が出来ます。

後はHS210の電源をどうするかですね。未だ時間があるので、ゆっくり考えます。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


オーディオ用ハブ?

7月6日メールで見積もり依頼をして、回答が来て発注したところは、前回のブログで書いたとおりです。そして7月12日メールで出荷しましたという、連絡が来ました。運送便は郵パックです。

送り状Noを連絡もらったので、早速状況を追いかけました。13日配達になっていましたが、お昼になっても来ず、結局待っていられなくなり、郵便局まで取りに行きました。

早速梱包を開け、内容チェック。

正面

正面写真です。全アルミ製で、中々しゃれた箱に入っています。

側面

側面写真です。放熱フィンが付いています。どの程度の熱が出るのかは分かりません。

後ろ

後ろです。3Pの電源端子、4PのRJ45端子が標準で、左の1個はオプションで追加したものです。左の1個は、ルーターからの信号の受信に使います。

内部

内部の写真です。電源はスイッチングから、3端子レギュレーターを使った、アナログ電源に変更してあります。ネジは今は手元に無いので、信号基板のみチタンに交換して、残りは標準で使います。

電源ヒューズはフルテックのヒューズに交換しました。5枚のプレートは、そのままだとガタついて、余計な音が乗ってくるので、ホットメルトで固定してありましたが、、手で触ると未だガタが取り切れていなかったので、更にホットメルトを注入して、ほぼガタを無くしました。

更に天板は、4カ所のネジで固定してあるだけで、ここはホットメルトで固定するわけにはいかないので、接触部分にテフロンテープを貼って、余分な接触音が出ないようにしました。ここはfOQの方が良かったかなと。

しかし今更やり替えるのも無駄なので、このまま行くことにしました。

配置

裏面の端子の位置の関係で、TS119の配置を換えました。

さて早速の音出しです。メーカーからの案内では、エージングに200時間見て下さいと言うことです。ハブは電源を入れっぱなしなので、約8日間です。

一聴して感じたのは、何と音が大人しくなったことかです。電源を入れたばかりなので、まあこれは当然の反応です。1時間程聞いていたら、徐々に抜けが良くなってきました。

いつものサラ・ブライトマンの声を聞いていたら、段々いつもだと感じていた、少しザラッとしたトゲのある感じが、綺麗に消えています。これは100baseと1000baseの違いから来ているのか、それともデジタル電源とアナログ電源の違いから来ているのかは、正直全く分かりません。

また電源を含めて、LEDが基板に1個付いているだけです。LED自体がノイズ発生源なので、それを無くした効果も大きいと思います。

いずれにしても全ての相乗効果なのだと思います。エージングが終わったら、これがどう変わるかは、全く分かりませんが、少なくともkoregaのSW08GTXHGよりは、確実に良くなると感じさせてくれます。

やっぱりLINNが100baseに固執するのは、しかるべき理由があったのが、これで確認できました。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


性能限界?

LINNのDSが戻って来て、10日程経ちまして、音はかなりこなれてきました。しかし前にも書いたように、それ程変わったようには聞こえないのです。それがあるので、今月の20日、DS/1とDS/2の比較試聴をやろうという事になりました。

しかし今までLINNのアップグレードをやってきて、これ程違いが良く分からないと言う事は無かったのです。どうも何か変だと言う事で、前回の記事書いたハブの交換と言うことを考えたわけです。

DS/1の時は恐らくですが、ハブとDSの性能が拮抗していたのでは無いか思います。DS/2になってハブの性能を、多分超えてしまい、ハブが性能限界に来て、違いが分からないのでは、と思い至った次第です。

この仮定が正しいかどうかは、新しいハブが来ないことには分かりません。多分今週末には来るのかなと思っています。LINNがDSのLANに、100baseしか使わないのには、それなりの理由があるのかも分かりません。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


7/6の日記

7月5日大豆の種まきをする予定でしたが、4日午後から大雨になり、水田がビショビショとなって、種まきは先延ばしとなりました。南の海上には台風9号、10号、11号と3個の台風があって、その内の9号と11号は、本土に接近するかも分かりません。

梅雨もいよいよ本格化しそうな雰囲気があり、そこへ台風が近づくと、更に大雨となります。そうなると益々大豆の種まきは、遅くなります。7月20日を過ぎると、実がなる頃に日照が不足して、収量を稼げなくなります。

ファーム上ゲは大豆の補助金に、経営を依存しているので、これが減ると大ピンチとなります。

7月6日、やっと畦の草刈りが概ね終わりました。夏になって草が大きく成長し、今までより刈る時間が倍以上になり、草刈りが重労働になってきています。土手部分で影響が少ないところは、また別の日に刈るつもりです。これからは水田のヒエ抜きをしなければいけません。ヒエは実を付けると、ドンドン種が落ちてしまいます。成長は稲より数倍も早いので、放っておくとあっという間に、稲がヒエに食われてしまいます。

ところでDSが先月戻ってから、1週間強経過しました。少しずつ音がこなれてきています。7月6日LINN KONFIGを起動したら、DSのアップデートが出ました。DSが戻ってから、アップデートはこれで2度目です。

1回目はデフォルトからの修正だとすると、正式なアップデートはこれが最初かも分かりません。何となくですが、音の立ち上がりが早くなったような気がします。

福岡市にあるJS PC Audioと言う会社が、オーディオ用のHUBを発売しています。販売開始は2015年6月17日です。

スイッチングハブは、プラネックス製を使っています。筐体はアルミの放熱フィンがついた、本格的なものです。電源はトロイダルトランスを使った、アナログ電源です。写真で見ると3端子レギュレーターを使っているようです。

本当はディスクリートの方が、ノイズは少ないのですが、コストを考えたら仕方が無いと思います。

本体価格は24,624円、これにオプションで DCラインコンディショナー組込(+2592円), パーツアップグレード(+2160円), ポート追加 : (+1,080円)を付けて発注しました。総計は29,592円です。価格は全て消費税込みです。

PC用のハブとしてみたら、非常に高価です。未だ現物は見ていませんが、作りはかなり良いようです。受注生産品ですから、量産品の価格とは比較になりません。ポート数は基板上は5Pです。製品の標準設定は4Pです。5Pにするのはケースの追加工が必要になります。私は今は4Pしか使っていませんが、将来NASを追加するため5P仕様としました。

このハブは速度が100Mです。ですからDSの再生だけだと、これで何の問題もありませんが、データを入れようとすると、もの凄くストレスを感じます。

NASもPCもそうですが、何でLANポートが1個しか無いのか、2個あっても良いと思うのですが、そんな製品は無いですね。支払い方法は先に振り込みか、現金代引き、納期は1週間以内のようです。

ネットワークオーディオで、単価が安い割に影響が大きいのがハブです。このハブでどう音質が変わるのか、来てのお楽しみです。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用