農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2月27日九州交流会続き

ハイエンドショーで、中年組の高倉健さんが、MAGICOを聞きに行きたいと言う話になり、急遽4時過ぎから、同じ福岡市にあるサウンドスペースという、オーディオ店に行くことになりました。場所は博多駅の南側です。
国際会議場から車3台に分乗して行ったのですが、道路が大渋滞して30分もかかってしまいました。

sound space

サウンドスペースは、上が多分マンションで、下が貸事務所になっている、複合ビルの1Fにあります。写真は店が閉店後に撮ったので、真っ暗です。

サウンドスペースには30分程いたのですが、着いて早々の音出しは、やはりSPの動きが遅く、鈍い低音しか出ていませんでした。中高域と、低域がバラバラでした。それで少し音量を上げて、ジャズを何枚かかけてもらいましたが、お店を出る頃になって、やっと少しSPが動いてきたなと感じました。

エンクロージャーが金属ケースなので、音に曖昧なところがありません。CLASSICの弦の倍音成分は、少し苦しいかなと言う気がしますが、もっと時間をかけて、ちゃんと聞かないと、何とも判断が付かないです。

その後皆で夕食を食べようと言うことで、近くの飲み屋に行きました。店の名前は「はすのうてな」です。表にいかの幟が出ていたので、入ってみました。5人中4人が車を運転するので、アルコールは健さんだけです。後はノンアルコールビールで乾杯しました。

料理は様々な種類を、5人がお腹いっぱいになるほど食べましたが、一人\2,600でした。

はすのうてな

今度は久留米でその内に飲みに行こうと言うことで、7時半に店を出ました。私と健さんを、てつさんに博多駅まで送って頂きました。ありがとうございました。その後こだまにのって、厚狭駅まで、結局家に帰ったのは10時でした。その後ブログを2本書いて、寝たのは午前0時になりました。

皆さん妻帯者の苦労は同じですし、これは年齢に関係ありません。今回の会合は、30代~60代と年齢層が広かったので、経験したことが全て違いました。これがオーディオに対する取りかかりの部分での違いと、聞く音楽のジャンルの違いに出てきて、話が盛り上がりました。

皆さん長時間お疲れ様でした。

スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


九州ハイエンド・オーディオショーに行きました

福岡市にあるMAX AUDIOと言う会社が、毎年3月末に企画している、九州ハイエンド・オーディオショーに行ってきました。主たる目的はLINNがどんな企画をやっているかを、聞いてみたかったのと、九州の方との交流です。

このショーは、今年は3月27日~29日の3日間開催されています。国内の主立ったメーカーや、輸入商社が参加しているので、東京のインターナショナル・オーディオショーとは、比べるべきではありませんが、わざわざ東京まで行かなくても、そこそこのものは聞くことが出来ます。

会場は福岡市にある国際会議場です。博多駅から88番の西鉄バスに乗って、15分位でしょうか。片道\190でした。博多駅周辺は、福岡の中でも特に交通混雑の激しい場所なので、バスは12分おきに運行するつもりなのでしょうが、実際には20分位待たされました。

今回のショーには九州からはやぶささん、amabukidさん、てつ@福岡さん、関東から中年組の高倉健さんが来られて、中々楽しい交流会になりました。

私は朝8時半過ぎに家を出て、JR厚狭駅迄軽トラで行きました。そこからこだまに乗り換えて、博多着が10時33分。バスが遅れて会場に着いたのは11時15分頃でした。最初にソフトを探しに行ったのですが、余り欲しいのが見つからず、結局ケニー・バレルを1枚だけ買ってきました。

linn exakt

LINNが出品した機器です。小倉の時はSPがKLIMAXだったのですが、福岡はアキュレイトになりました。いつもはYさんが来られるのですが、今回は東京で新型DSの発表会があるので、代わりにKさんが来られていました。

linn lp12

上からLP12、KLIMAX DS/M、アキュレイトDS/M、ユーフォリック、LP12用の電源です。多分RADIKALではなく、LINGOだと思います。

今回DSもEXAKT対応になりますが、DS/Kはプリアンプ機能が無いので、DSのみしか使えません。LP12をEXAKTで使う場合は、DS/Mに代えないとダメです。

またDS/Mのデジタル出力は、EXAKT LINK専用で、アナログ入力を、デジタル出力として、パソコンなどに取り込むことは出来ません。

DS/Kのアップグレードで、spaceoptimisationの機能で、新しい情報を聞けました。部屋の形は基本直方体なのですが、傾斜天井や、傾斜壁でも、入力が出来ると言うことです。値は一番高い、又は幅が広い部分の値を入力するのが良いそうです。試される方は、やってみてください。

小倉の時はほとんどLINNだけ聞いて帰ったのですが、今回は他の方とご一緒だったので、時間があり他のコーナーも、じっくり聞くことが出来ました。しかしハードを買い換える予定が無いので、タダ聞いただけなのでアップはしません。

オーディオは理屈だけでは、うまくいかないですね。また同じ部屋の中に、何社も入れているので、1社の持ち時間が30分とか、40分しかありません。つまりアイドリングの時間が長いのです。

SPは音を出さないと、それもそこそこの音量で鳴らさないと、動きが鈍いのは皆さんが普段経験されていると思います。それを慣らし無しで、短時間で真価を聞くということ自体が無理な話です。メーカーや輸入商社の方の苦労が偲ばれます。多分前日は徹夜で調整されたのでしょう。午後からの昼食後は、寝ている方も見られました。

映像もやっていて、偶々聞いたのはONKYOでした。11.2ch何て、普通の人はどうやってSPをセットするのかなと、ホント部屋中SPだらけになります。しかし音は前後左右、上下からも聞こえますから、爆発音の多い映画は迫力満点です。

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


電源ケーブルの整理を始めました

以前から少し気にしていた事があります。根岸通信の電源ケーブルは、少々ごつくて太いので、正規の長さであれば、たるみが無いのできちんと収まるのですが、少しでも長いと収まらなくなって、どうしてもねじれたり、たるんだりして結構邪魔になります。

根岸さんは10cm単位で受注されるので、普通のメーカーのように、1.2mしか必要が無いのに、2mを買わなければいけなくなって、ケーブルがとぐろを巻くと言うことはありません。兎に角ケーブルをループにするのが、一番悪い使い方になります。

根岸さんに注文を出すとき、短いと全く使い物にならなくなるので、やはり安全策を取って、少し長めに発注することになります。そんな関係で10cm前後長すぎるのが、何本かあるのです。

もうレイアウト変更することも無いので、必要な長さに短くする作業を始めました。しかしこの作業途轍もなく面倒なのです。しかも線が太い上シールドがしてあるので、普通のニッパでは刃が立ちません。以前は金鋸で切っていたのですが、IV線を切る必要が生じて、100sq迄のIV線を切れるカッターを買っていたので、今回はそれ程苦労しなくても、切れるようになりました。

朝10時から始めて、夕方の4時までやったのですが、たったの3個しか処理が出来ません。もう途中で嫌になったので、この日は3個で終了させました。果たして音はどうなったか。プラシーボ効果を入れても、まあ違いはほとんどありません。多分に気分的な問題です。

設置変更2

前はこんな感じでした。

変更後3/26

短くしたのは、NASをバックアップしているUPSへの電源ケーブル、HUBへの電源ケーブル、プリアンプへの電源ケーブルの3本です。短くした長さは5cm~10cmです。

次はKLIMAX DSと2台のパワーアンプとRADIKALです。一応これで終了させる予定です。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


3月26日の朝は寒かったです

今週に入ってから寒の戻りで、気温が下がってきました。大陸からシベリア高気圧が下がってきて、北極の寒気が日本に流れ込んできました。毎日夜寝る前と、朝起きたとき気温を測っていますが、24日から日を追って、朝の気温が下がっていました。

24日午前中に少し雨が降った程度で、天気は概ね良好です。良好なので夜間放射冷却があり、26日朝はついに霜が降りました。朝6時の気温は0.6度でしたが、地上2m位の場所ですから、地表では間違いなく氷点下になっていたと思います。

遅霜

遅霜が降りて、水田の草が真っ白になりました。農作物は良くこの遅霜にやられて、葉物は枯れてしまうことがあるのですが、草は流石に丈夫ですね。ちょっとやそっとでは枯れません。

霜が溶けた

7時に太陽が上がってきたら、あっという間に溶けて水になりました。写真では水滴までは写せませんでした。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


3月25日見守り携帯の解約に行きました

使わないのに放って置くわけにはいかないので、山口市にあるSOFTBANKの店まで、見守り携帯の解約に行くことにしました。どうせ山口まで行くのであれば、と言う事でレストラン・プロヴァンスに、お昼を食べに行くことにしました。

山口市にあるユメタウンと言う、ショッピングモールには、docomo、au、softbankと3つの携帯会社が、1カ所に集まっているので、非常に便利です。やはり人口の多いところは、何事も便利です。長門市の不便さに慣れたので、山口市でも非常に便利に感じます。

片道1時間軽トラを転がして、やっと到着しました。かなり広いショッピングモールなので、先ず何処にあるかを探さなければいけませんが、モール内の地図が何処にあるか分かりません。仕方が無いのでサービスカウンターに行って、お姉さんに聞いてみました。2階の西の端にあると言うことです。

docomoは順番待ちで待たされるのですが、softbankは直ぐに対応して頂けました。15分程で解約が完了して、ついでに夕食の買い物をして、いよいよプロヴァンスへgoです。

到着したのは丁度12時でした。広い駐車場には、結構車が止まっていました。関東だと平日のお昼は、近所の主婦達の集会所状態なのですが、こちらは家族連れが多く入っています。子供は丁度今日から春休みですから、まあそれもありかなと思いました。

お昼はビュッフェタイムがあります。パスタ付きで1人前\1,240と、かなりリーゾナブルと言うより、良くやってるなと思います。

サラダ

生野菜は種類が多く、色々なものを味わえます。ドレッシングは3種類です。

パン

パンは比較的小型で、この2種類だけです。バターと、2種類のジャムを選択出来ます。

揚げ物

揚げ物とサラダです。中身は私は食べていないので、分かりません。

煮物

和風の煮物もあります。

ピザ

ピザです。自分で好きな大きさに切って、持ってこられます。

カルボナーラ

カルボナーラです。味は少し塩味です。

トマトソース

半分女房が持って行ったので、その残りです。2種類取って半分ずつに分けましたが、これ結構量があります。これだけでそこそこお腹がいっぱいになります。

スイーツ

最後に杏仁豆腐、コーヒーゼリー、パイナップルのスイーツと、写真には撮りませんでしたが、コーヒー、紅茶、ジュース等飲み物もたくさん用意されています。

1時間かけて、全部食べましたが、半端で無く量はあります。パスタは無くても、お腹は充分に満腹になりますが、パスタは付けても付けなくても、値段は同じなのです。1皿付けて、半分ずつ食べれば十分という感じです。

これ以外に少し追加料金を払うと、肉と魚料理が付いてきます。しかし食べきれないですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


携帯電話の変更

2年程前に東京で携帯電話の契約をしました。その時はSOFTBANKの携帯にしたのですが、一緒に見守り携帯という、子機のような携帯をつけました。親が外出したとき、使ってもらおうと思ったのですが、全く使わない内に、バッテリーが寿命になってしまい、使えなくなってしまいました。

契約で2年間は、内容を変えられないので、そのまま3月まで待っていました。2年経ったのでいよいよ、見守り携帯を解約に行こうと思って、SOFTBANKの店に行ったのですが、看板が無くなって、空き店舗になっているではあーりませんか。

近くにある家電量販店の、SOFTBANKの売り場の店員に聞いたら、つい先日店は潰れたと言う事です。萩市にあった店も潰れたと言う事です。こうなると一番近くの店は山口市になります。車で1時間はかかります。

山口県の中でも一番人口密度が低くて、高齢化が進んでいる地域ですから、営業的に見たら撤退しても仕方が無いでしょう。しかしユーザーから見たら、見捨てられた地域という事になります。DOCOMOとAUは未だ頑張っています。

メーカーが見捨てたわけですから、使い続けることも無かろうと言う事で、DOCOMOに切り替えることにしました。普通同じ電話番号を使って、切り替えるに当たり、今まで使っていた電話会社に払う、切り替え手数料は\2,160ですが、SOFTBANKは\5,400だそうです。

もう二度と使う気は無いので払いますが、SOFTBANKはユーザーを一人逃しました。購入したのはガラケーですが、ハードの購入料金を別にすれば、毎月支払う金額は、国内通話はかけ放題プランだけでしたら、毎月の料金は\2,200だけです。

農作業が始まると、通話が多くなるので、固定料金の方が、気兼ね無しに話が出来ます。このプランでもSMS(Short Mail Service)は出来るので、インターネットに接続しなくても、別に困りません。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


3月24日切った木を焼きました。

3月24日切った木を焼きました。焼いたのは全部で3カ所です。

野焼き1

1カ所目はお寺の前の水田です。お寺にはたくさんの杉の木が植えられています。杉は成長が早いのと、下枝が切っても切っても生えてくるので、適当な間隔で常に枝打ちをしていないと、あっという間に人も入れなくなってしまいます。

この辺は水田の周囲に電話線や、電線、有線放送の線が通っているので、やたらな場所では、火を付けるわけにはいきません。一応消防にも連絡をしてあります。

野焼き2

2カ所目と3カ所目は、山の斜面に生えている、雑木を切ったものを、焼いています。水路工事をしたので、斜面の木が邪魔になったので、切り出したものです。軽油を少しまいて火を付けたので、あっという間に燃え上がりました。

野焼き3

少し時間が経って、燃え落ちたところです。外からは見えなかったのですが、木の山の中に泥が大量に入っていました。バックホーで掘り出したものを持ってきて、ここに積み上げたものと思われます。その為に、バケットの中に入った泥が、一緒に持ってきたものと思われます。

この時点では熾火がたくさんあるので、暑くて側には近寄れません。それでも姿勢を低くすれば、熱の影響を受けにくいので、少しの時間でしたら近寄れます。それで周囲に散らばっている枝を、火の山に放り投げています。この頃天候が下って、雨が降り始めたので、見守りは一旦止めました。

燃やし始めて1時間半程経過しています。この後午後から一度見に行きましたが、その時は熾火もかなり灰になっていたので、下の泥に埋もれている木や草を掘り出して、燃やすようにしました。燃え残りで邪魔になるものは、一旦水田から出して、残りはトラクタで鋤いてしまいます。

写真を見て頂ければ分かりますが、たき火をした直ぐ側の草は、熱の影響を余り受けていません。勿論草が地中の水分を汲んで、蒸発させるので、その気化熱で熱の影響を、受けにくいのもありますが、火事の時出来るだけ姿勢を低くして逃げた方が、熱の影響を受けにくいのが良く分かります。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


DSアップグレードの続き

DSのアップグレードですが、外した後の基板を使って、新たなDSを作るという、Renewと言うサービスは、今回もやるそうです。LINNのホームページには書かれていませんので、販売店が積極的にPRしない限りは、分からない話です。これっておかしいと思うのですけどね。

philewebのレパードさんの記事を読んでいて、今度LINN KONFIGが新しくなりましたが、その中にSpace Optimisationと言うWindowが新しく追加になっています。それとSPも選択出来るようになっています。

選択出来るSPは余り多くはありませんが、ソフトウェアなので、LINNが積極的にやりたいのでしたら、今後は間違いなく増えて来ると思います。しかし私が使っているSPは日本製で、しかも廃番になったものですから、多分ダメでしょう。また日本で一番ユーザーが多いであろう、JBLは全く入っていません。

それは置いておいて、Spce Optimisationと言うのは、部屋の形状や、SPのセットしてある位置を入力すると、その位置に合わせたイコライズをして、再生してくれるという機能です。それで音が良くなるかどうかは、部屋の特性によるようです。

レパードさんの記事では、KLIMAX DS/Kで、Space Optimisationが入力出来ると書かれています。しかし私の初期にアップグレードしたものでは、入力が出来ません。Windowを開くと、アップグレードして下さいと言う表示になります。

それがあったので、バージョン3にアップグレードしないと、使えないのかと思ったのですが、SPの選択をしないと使えないと言うことが分かりました。前に書いた適合するSPが無いので、適当なのを選んで、さて入力作業を始めたのですが、いくら入力しても全然データがSave出来ません。

仕方が無いのでLINNに電話をして色々聞いてみました。先ず現状は、部屋は直方体しか対応していません、傾斜天井や、傾斜壁は適当な数値で、入力するしかないそうです。中間値を使うのかと思いましたが、そうでも無いそうです。このSpace Optimisationと言う機能は、DSの中にソフト的にデジタルフィルターを作るものです。

フィルターの特性は80hz以下で作用します。目的は部屋の持つ定在波を減少させることです。フワフワと動く音にならないSPの動きを止めて、無駄なエネルギーを消費させないことです。

save出来なかった話ですが、全ての入力を完璧にやらないと、最後のspaceの部分が、黒抜きの白字になりません。私はいくらやっても、そうならずに白抜きの黒字のままで、そうするといくらボタンを押そうとしても、全くウンともスンともいいません。

それで終了させると、また1から全部入力しなければいけなくなるのです。3回やってダメで、ついにぶち切れたのですが、私の部屋は傾斜天井が効いて、定在波では困っていないので、使うのは止めることにしました、と負け惜しみを言って、この件からは撤退します。

元に戻す場合は、diagnosticsから、KLIMAX DSを選択して、deleatのボタンを押すと、元に戻せます。テストでは良いのですが、あまり適当にSPをしょちゅう入れ替えるのは、良くないそうです。ダメなときは、deleatで元に戻せば問題ありません。その場合は、konfigで自分が設定した値は、無くなってしまうので、再入力が必要になります。

今回から壁の材質を入力出来るようになったそうです。コンクリと、可動壁と、unknownなのですが、この使い分けについては、今は分からないそうです。例えば木の壁、モルタルの壁、石膏ボードは、障子や襖は等々、床や天井も同じです。木でも中空構造か、中実かでは、天と地程も違います。

日本のメーカーのように、何処かをちょっと変えて、外見を新しくして新製品として発表するのと、LINNの様に外見を変えずに、中身を黙って変えるのと、どちらが良いかは何とも言えませんね。日本製は新しいか古いかは、型式と外見を見れば直ぐに分かりますが、LINNは分かりませんから。これは持っていても、陳腐感を味あわなくても済むので、ユーザーにとってはありがたい事です。

記事を追加します。EXAKTでもSPのポン置きは、やはりダメなようです。キチンと部屋の中でセットした後、どうしても修正しきれないところを、EXAKTで補正すると、考えた方が良いようです。特に部屋の定在波に苦しんでおられる方には、朗報だと思います。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


3月22日自治会総会がありました

3月22日1年に1回ある自治会総会を行いました。自治会の会員の方から、自治会費として1万円を預かっています。その収入と、何に遣ったのかと、1年間の行事を総括するものです。また翌年度の活動予定を提示して、皆さんの協力を仰がなければ行けません。

去年の総会では、年会費のアップという、最重要議題がありましたが、皆さんの理解を得られて、無事に終了出来ました。

今年の総会では、天神様の社の壁が朽ち始めていて、その補修が必要になってきています。また皆さんが出すゴミの集積箱が老朽化して、ものによっては底が抜けそうになっているものがあります。それを新しいものに入れ替える必要があります。

後は敬老会を今までは市が行ってきましたが、参加者が減って、市が主催するメリットが無くなり、それを各自治会の主体性に任せる、と言えば聞こえは良いのですが、実態は自治会に押しつけたと言う事です。タダ押しつけただけでは、申し訳ないと思ったのか、1人千円の補助金を出すと言うことです。

もう一つの難題が、民生委員を推薦して欲しいと言う事です。民生委員は全くのボランティア(つまり無給)ですが、責任だけは押しつけられると言うことで、誰もなりたがりません。名前だけ登録して、全く活動しない人もいます。場所によっては民生委員自体が不在という場所もあります。

仕事の内容は、夫婦が65歳以上の二人暮らし、又は65歳以上の独居老人、肢体不自由な方、母子家庭などを巡回して、そのレポートを、市の福祉課に提出するというものです。

毎月1回会議があるので、それへの出席、研修旅行があるので、それへの参加ですが、全て交通費は自己負担です。また個人情報にも関わるので、それに深く関わると、問題を抱え込んで、鬱病になる人もいるようです。責任感が強く、口が堅くて、面倒見の良い人で、性格が明るい。今までは土地の名士が、やっていましたが、今はサラリーマンをやって、外から帰ってきた人が多いので、折角退職したのに、また責任を持たされるような仕事はまっぴらごめん、と言うのも良く分かります。

この問題適任者がいないと言うことで、推薦人無しで市の方に報告することになると思います。。

4月5日に自治会主催の、天神公園での桜の花見会をします。天気がどうなるかは、神のみぞ知るです。雨が降ったら、公会堂で弁当を食べて終わりです。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


LINN DSのアップグレード

2015年4月よりいよいよ、LINN KLIMAX DSのアップグレードの、受注受付が始まります。前回のアップグレードは、KLIMAXだけが出来て、アキュレイト以下は買い換えない限り、新バージョンの恩恵は受けられませんでした。

しかし今回は、EXAKT LINKを搭載するために、アキュレイト迄のバージョンは、全てアップグレードが可能になっています。前回のアップグレードで、享受出来なかった方には、絶好の機会だと思います。

LINNのKOFIGはそれを見越して、既にアップグレードされました。EXAKTは部屋の形状や、SPの設置位置を入力すると、それに合わせたイコライズが、自動的にされるという、画期的と云えるソフトを、持っています。

今までベテランが、何年もかけてSPの位置の割り出しを、それこそ1mm単位で行っていました。それを全てPCからの入力だけで出来てしまう。ポン置きでも、誰でも同じ音が出せるという、ホント夢のようなシステムです。

私は使ったことが無いし、一度小倉のマックスオーディオの、展示会で聞いただけですから、どの程度有効なのか、全く分かりません。

今回のDSのアップグレードで、使えるのであれば、試して見たいと思っています。

所で今回のアップグレードの中身は、上に書いたEXAKT LINKだけでは無く、LINN JAPANのホームページによると、電源廻りの見直し、クロックの見直し、信号経路の配線の短縮化と、結構な設計変更をしています。

前回のバージョン2から、今回でバージョン3になるのですが、確か4年位時間が経っていると思います。デジタル技術は日進月歩なので、こうやってアップグレードが出来るのは、大変ありがたいのですが、KLIMAX DSのアップグレード費用は、決して安い金額ではありませんから、出費としては痛いですね。

4月1日から正式受注開始と言うことですが、販売店は既に受注活動に入っていますから、申し込んでもアップグレードの実行は、多分大分先になると思われます。KLIMAX KONTROLの時は大分待たされました。申込時はDSのSERIAL Noが必要になります。

平行輸入品の対応がどうなるかは、直接LINN JAPANの方に確認して下さい。分かっていて平行輸入された方は良いのですが、中古で安く買われた場合は、特に注意が必要です。

また前回はアップグレードした後の基板を使ってDSを組んだRENEWバージョンがありましたが、今回は発表が無いので、多分無いのだと思います。

LINNはDACに関しては、今のものをそのまま使い続けるようです。DSDへの対応は、以前聞いた話しでは、PCMとDSDの利害得失を検証した上で、PCMにしたと言うことなので、多分今後も無いと思われます。

また24bit192khzを超える、ハイビット、ハイサンプリングについては、384khzを試して見たけれど、データ量が増えただけで、メリットは余り感じられなかったと言う事です。DACは問題無いようで、ソフトの対応だけで、384khは対応出来るようです。

最新録音のものは、最初からハイビット、ハイサンプリングなので、問題はありませんが、古い録音のものは、元のデータがCD並のものも結構あるので、必ずしもハイビット、ハイサンプリングの音が良いとは限りません。HDトラックスは、サンプリングが上がると、価格も高くなるので、今は適度なサンプリング周波数で、販売しています。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


山口市にあるプロヴァンスと言うレストランに行ってみました

3月17日フォークリフトの試験が終わった後、合格してほっとしたので、今まで防府に行く途中の、萩往還という片側2車線道路沿いにある、プロヴァンスと言うレストランに行ってみました。

どんなレストランだか全く分からずに行ったのですが、基本はイタリアンレストランでした。かなり広い敷地にあって、綺麗なお店です。価格は人それぞれ、何がリーゾナブルかは分かりませんが、イタリアンなのでそれ程のことはありません。

地元の方は結構使っているようで、基本年中無休のようです。山口地ビールを積極的に販売されています。想像ですが、このレストラン多分単独では無く、色々な関連会社があるのだと思います。地ビールの醸造も、その一環では無いかと思います。

プロヴァンス外観

地方にしてはかなり大きなレストランです。ブライダルも出来る様になっています。広い駐車場もあります。山口市内からは結構距離があるので、10名以上だったら無料送迎バスも用意されています。

食事ですが、女房と2人で行ったので、ファミーユと言うコース料理を頼みました。1人前が税込みで¥2,160です。

前菜

前菜です。価格が安いので、スープはありません。

パスタ

日替わりのようですが、次に出てきたパスタです。量はかなり少なめですが、これで丁度良い位です。今回はカレー風味でした。

ピッザ

ピッザです。生ハムと温泉玉子が乗っています。下地は焼けすぎず、しっとり感があって、美味しかったです。写真では分かりませんが、量は結構ありました。

次がメインディッシュの肉料理と魚料理でしたが、写真を撮るのを忘れました。鶏肉とさわらと、ちょっとした野菜が乗っていました。

食後

最後の食後のコーヒーと、デザートです。デザートは、キャラメル味のアイスでした。

店の中は非常にゆったりしていて、中央は吹き抜けで天井が高いです。チマチマとしたところが無いので、また行ってみたいと思います。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


3月17日フォークリフトの実技試験がありました

16日の座学が終わった後、簡単なペーパーテストがありました。マークシート方式で採点がされます。指導員は答えの穴あきのシートを被せて、間違いの数を数えるだけなので、結果は直ぐに出ます。

実技は1クラス10名なので、3回に分けて実施されました。17日、18日、19日です。天気予報では、17日だけが晴で、後は雨予報です。屋外での実習なので、雨合羽を着てやらなければいけません。大型特殊の免許試験日が、雨で大変だったのを経験しているので、大変だろうなと思います。

実技で使うフォーク1

実技で使う2tタイプのフォークリフトです。

実技で使うフォーク2

4気筒のディーゼルエンジンで駆動します。

実技で使うフォーク3

運転席です。オートマ車なので、クラッチがありません。一番左側は、タダのクラッチでは無く、踏むとブレーキがかかると同時に、クラッチが切れるというものです。つまりトルコンへ動力が伝わらないので、油圧機器を動かすために、エンジンの回転を上げても、トルコンはまわらないので、無駄な発熱が抑えられます。しかし今回の実習では使いませんでした。

コース1

試験で取りに行く荷物です。台の上にパレットが乗っていて、重さは700kgあります。台のセンターにパレットがあるので、一旦パレットを台の端まで持ってこなければいけません。これは2年前からそうなったそうです。つまり2年以上前はもっと簡単だったのです。

コース2

フォークで走るテストコースです。コース幅は、フォークの車幅の2倍です。

実習風景

実習風景です。指導員が生徒につきっきりで、あれこれ指示を出します。分からないところは、質問が出来ます。実習でフォークリフトに乗れるのは、時間制限があるので、たったの3回です。そして実際の試験コースと同じ作業をするのは、たったの1回です。

この1回で全ての作業手順を記憶して、試すことが出来るだけです。この試験受かったら、奇跡ですね。本当にそう思いました。

試験風景

そしていよいよ午後3時から試験開始です。この試験50点満点で、16点以上のの減点があったら失格です。午後5時に全員の試験が終わりました。終わったら直ぐに指導員から、結果発表がありました。合格点を取った人は、何と10名中9名だったのです。

皆さんたったの1回の練習で、良く取ったなと、関心するばかりです。落ちた方は未だ明るかったので、補修授業をやっていました。私は直ぐに帰ったので、その方の結果は分かりません。

この試験、荷物の積み下ろし、積み込みは、時間制限があります。4分で減点0で、以降最初の30秒が3点、後は30秒に付き2点です。つまり7分30秒を超えると、失格となります。私は荷物を積んだとき、パレットが少し斜めになったので、修正をしたので、時間オーバーになったかなと思ったのですが、どうもギリギリ15点以内に収まったようです。でも今回は、本当にもうダメだなと思っていました。

この試験は、うまく出来たかどうかより、基本動作をきちんとしているか、安全確認をきちんとしているか、これを一番重視しているようです。特に安全確認は3回怠ると、即失格になるそうです。

後私が残した最後の免許は、牽引免許です。それ以外は使うことが無いようなので、取るつもりはありません。牽引免許、さてどうしますかね。この免許が必要になるのは、クローラー型車両(コンバインが主)は公道を走れないので、それを圃場に持って行くためです。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


3月16日フォークリフトの運転許可証の講習に行きました

3月16日、17日山口県立農業大学で、フォークリフトに乗るための、運転許可をもらうための、講習に行きました。実際の講習は、民間の専門の学校が実施します。

国家資格としての免許証、民間が代行してやっている、技能講習、特別講習と、各種車両に乗るための、専用の許可証があります。但しこの許可証では公道は一切走れません。公道を走るためには、それぞれの車両にあった免許証が必要になります。

飽くまで私有地での運転になります。フォークリフトや、各種建設車両は、例え私有地(工場内や、圃場等)であっても、運転講習を受けたもので無いと、運転は出来ません。運転をすると法律で罰せられます。事故が起きたりすると、本人だけでは無く、法人も罰せられるので、注意が必要です。

16日は朝9時から講習が始まります。前回のバックホーの講習の時、防府に行くのに、月曜で雨が降って、中間点の山口市で大渋滞に嵌まり、酷い目に遭った事があるので、今回は2時間10分と40分の余裕を持って、家を出て行きました。

そうしたら何と山口市内ではほとんど渋滞に遭わず、1時間20分で行けてしまったのです。講習は予定通り9時に始まりました。16日は座学だけです。フォークリフトはどんな車両なのか、という定義から始まり、フォークリフトの種類、パレットの説明がありました。

その後一番時間を割いたのは、いかにしたら安全にフォークリフトを、運転出来るかという、フォークリフトにかかる力(力学)の講習があります。フォークリフトの運転は、昔は全く何の許可証もありませんでした。そうしたらフォークリフトの普及に伴って、死亡事故が増えていったそうです。

増えた原因の主なものは、先ず運転者の技術が未熟なこと、それと知識不足。後は車両本体の安全基準が無かった事による、安全では無い車両(所謂安かろう悪かろう)が出てきたのと、車両自体の整備不良による事故です。

それがあったので、労働安全に関する法律が出来て、危険な車両を運転するための、特別な講習が義務づけられたわけです。また車両を製造する側にも、安全基準が出されて、それに沿った仕様で無ければ、製造しても販売と使用が出来ません。

講習はフォークリフトの構造、力学、法律と3つが基本的な部分で、講習時間が決められています。私が受けた講習会は、大型特殊の免許を持っている人たちばかりだったので、一部講習免除があり、1日で終了出来る時間でした。

講習が全て終了したのが、17時半でした。40分からテストが始まりました。早く出来た人から手を上げて、その場でペーパーテストの合格判定が出ます。ペーパーテストが受からないと、次の技能講習には進めません。

私はゆっくりやったので、終了は18時10分になりました。制限時間は40分間です。私はもう最後の方だったのですが、早く終わった人で、不合格の方はいませんでした。

17日は朝9時から実技です。この実技は普通の講習は24時間やるのだそうです。しかも通常は5人がグループになるのですが、今回は1グループが10人もいて、しかも練習はたったの4時間です。2回も乗れたら御の字か。バックホーの時も乗れる時間はいくらもありませんでしたが、この時は実習だけで実技試験はありませんでしたから、良かったのですが。

やはりフォークリフトは、落ちる人もそこそこいるそうです。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


2015年も浅層暗渠工事をしています

水田でいつも水が溜まって、抜けることが無く、トラクタやコンバインが嵌まる場所があります。そんな水田の排水を良くするために、浅層暗渠工事を毎年、少しずつやっています。

今年は我が家の水田の番が回ってきたので、ブログに書くことにしました。残念ながら、暗渠工事をする前の写真がありません。

暗渠工事1

掘ってある溝の下に、排水用のパイプが埋めてあります。

暗渠工事3

上ゲの水田は、昔圃場整備の時、低いところを埋めるために、山から大量の土を持ってきてあります。その為に水田の下の方には、大量の石が埋まっているのです。浅層暗渠工事で、水田の土を掘り返すと、大きな石がゴロゴロと出てきます。

埋め戻すとき、石を先に埋めれば問題は出ませんが、そんな面倒な作業は普通しないので、バックホーについている、ドザーで土を均したら、それで終わりになります。その為に、表面に大量の石が出てくることになります。

これがトラクタや田植機、コンバイン等の農業機械を入れたとき、可動部分に当たって、機械が壊れる原因になるのです。機械が壊れると、また余計な出費になります。つまり製造コストが上がってしまうのです。

暗渠工事2

もっと酷いと、こんな岩みたいな石も出てきます。

材料

暗渠工事で埋めるパイプです。この工事は地元の建築会社数社が、持ち回りで工事を請け負っています。工事費用は各種補助金で、かなりの部分は賄ってもらえます・・・当然法人が負担する費用もあります。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


大豆畑の耕耘をしました

3月14日と15日は、大豆畑に堆肥を散布したので、それの耕耘しました。堆肥は牛糞です。14日の未明に、かなり雨が降ったので、今日は休みかなと思い、夫婦で仙崎の方に、自転車で遊びに行くことにしました。

1時間程で帰ってきたら、堆肥を散布しているではありませんか。急いで耕耘をすることにしました。私が今年担当する大豆畑は、部落の中のメイン通路に面しています。堆肥は時間を置いて、かなり枯らしたものですが、やはり時間が経てば発酵して、かなり臭ってきます。

堆肥散布車

堆肥散布車です。写真の左側が運転席で、右側から車両の後ろに向かって、堆肥を散布します。

山の中にある畑でしたら、少々臭っても構わないのですが、やはり部落の中心にある畑なので、放っておく訳にはいきません。それがあったので、散布したら直ぐに堆肥を土中に、埋め込む事にしました。

堆肥を埋めた圃場

大豆を植える圃場です。

色々農業関係の本を見ていたら、堆肥を散布した畑は、余り深く(10cm程度)耕さないように、と言う事が書いてありました。土中の好気性菌が堆肥を餌にして、たくさん増えれば、それが植物の栄養になる、有機物に分解してくれるからだそうです。その有機物を餌にして、ミミズも増えます

なので出来るだけ、粗く耕して、土中に十分酸素が入るようにと言うことが、書かれていました。なので今回の耕耘は、PTOの深さを2.5程度にして、回転数は400rpm位を目安にやってみました。

堆肥

写真は堆肥です。周囲の土より少し黒っぽいので、目で見ると直ぐに分かりますが、写真では分かりにくいですね。

粗く耕した土

写真は粗く耕した土です。

ところが、1カ所PTOを1速にしたつもりが、4速で耕してしまった畑があります。1速だと速度を時速2.5km迄上げられるのですが、4速だと1.5km程度しか出せません。変だなと思っていたのですが、最後までやってから、間違いに気がついた次第です。

大豆の出来が違うかも分からないので・・・回転数を多くすると、土が細かく耕耘されるので、雨が降ると土が締まって、酸素が入りにくくなる・・・それも違いを確かめられます。

細かく耕した土

写真は細かく耕耘した土ですが、写真ではやはり違いは分かりにくい。

私が担当する畑は5筆、面積にして8反2畝です。15日午後から自治会の会計監査があるので、どうしても15日午前中には全部終わらせないといけないので、少々無理をしてでも全部終わらせました。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


バナナプラグの更新

先日WBTのバナナプラグの延命策を取ったばかりですが、インターネットで調べていたら、銅に金メッキを施した、もの凄くシンプルな構造の、バナナプラグを見つけました。

機械的強度は少なそうなので、重いケーブルをぶら下げることは、ちょっと無理だと思います。バイアンプ仕様なので、バナナプラグは8個必要です。価格は8個で、送料、代引き手数料込みで、¥2,775ともの凄く、リーゾナブルです。

販売している会社は、名古屋市にあるオーディオケーブル市場という会社です。

bananapulag3

これが今まで使っていた、WBTのストレートタイプのバナナプラグです。このプラグは一見太い線が繋げるように見えますが、実際には中のイモネジが、締め込んだとき少しでも出っ張ると、一番外側の黒いカバーがねじ込めなくなります。

その為に、芯線は5.5sq当たりが限界です。写真の単線は、芯線の太さは良いのですが、外皮が無いために、線に力がかかると直ぐにネジが緩んで、線がガタガタになっていました。

また黒いカバーの部分は、板厚が薄くそれも音に乗ってきているように思えます。

bananapulug2

右側がWBTで、左が今回購入したものです。かなり小さくなっているのが分かると思います。2個のイモネジで線を固定するのは同じですが、WBTは同一面上で固定してるのに対して、今回のは180度のテレコで固定しています。

カバーがありませんから、イモネジはいくら出っ張っても、全く差し支えありません。

bananapuragu4

線をバナナプラグに固定したところです。全てむき出しなので、本当は熱収縮チューブを被せると良いのですが、ネジが緩んだとき、チューブを破かないといけないので、どうするか結論は出していません。作業は手袋をして、手の油が付かないようにしないと、脱脂という余計な仕事が増えます。

bananapulug5

コレット式は一見緩まないように思えますが、決してそんなことはありません。また端子が食いついたりすると、外すのが大変になりますし、弾性変形して元に戻らないと、外すときプラグがこすれて、それで傷だらけになります。

さて肝心の音ですが、やはり想像していたように、カバーの薄い板や、プラグの傷が音に乗っていたようで、かっちりした音になりました。配電盤を研磨してから、どうもやり過ぎて、音が鋭くなったように感じる部分がありましたが、突き刺さる感じは無くなりました。

何処かを良くすると、以前から持っている問題が、次々と白日の下にさらされて、またやらなければいけない仕事が増えます。いつになったら安心して聞けるようになるのでしょうか。気の置けないシステムにしたのは自分ですが、全く疲れる話しです。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


気になっていた事を少し処理

配電盤の手直しをした後、また別のことが気になってきました。一つは電源の端子を固定しているネジの状態です。灯油を使って脱脂したのですが、端子を固定しているねじは、そのままねじ込んでありました。何もしない方が良いのではと思ったからですが、やはりネジを回していると、少しガサついた感じがするのです。

やはり潤いが必要かなと思い始めたら、気になって仕方が無くなりました。そこでスクアランスオイルの登場です。イルンゴの楠本さんがお勧めなのですが、これ元々はエステサロンで使うものなので、結構高いのです。一昨年80cc程買っておいたのがあるのでそれを使いました。

1本ずつボルトのネジ部に少し油をかけていきます。付けすぎると端子に付着するので、そうなると逆効果になります。やった後の結果は、プラシーボ効果を除いても、大して変わらないような気がします。でもやると決めたら、トコトンやらないと気が済まないので、これで良しとします。

その後SPケーブルの、アンプ側に付いている、WBT製のバナナ端子。ダメになったら買い換えようと思っている内に、廃番になってしまいました。仕方が無いので延命策を取ることにしました。

sp端子

全部バラして綺麗に灯油で脱脂と洗浄をしました。傷だらけなので新品にはなりませんが、これでまた暫くは使えます。WBTさん数量限定でも良いですから、もう一度作ってはもらえないでしょうか。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


久し振りの温泉

3月4日も雨が降って、大豆畑の荒起こしも出来なく、やりたいことをいくつか片付けました。

その内の一つが、電源のリニューアル。リニューアルとは言っても、新しく作り替えたわけではありません。詳細も写真もアップしませんが、以前から気になっていた事を、片付けただけです。

作業はエッジのR研磨と、表面研磨です。3月4日丸1日潰して片付けました。電源は結果が出るのに時間がかかります。銅は純銅よりも少し酸化した方が、どうも抵抗値が下がるようで、研磨後少し酸化した方が、音の浸透度が上がるようです。ソフトによっては、自然に体にしみこんでくる感じです。

エッジのR研磨は、以前からやっているように、刺さってくるトゲを1本1本、手作業で抜いていくのと同じです。気になる刺激音が、少しずつでも緩和されていきます。簡単にはケーブルを1本代えれば、劇的に変化するときがあります。こんな面倒な作業は全く流行りませんが、趣味は元々面倒を楽しむものなので、飽きずにやっています。

3月5日は久し振りに、俵山温泉に夫婦で入りに行きました。去年行ったときは¥700だったのですが、¥730に値上がりしていました。平日の午後なのでゆったり入れましたが、10分以上の長湯は疲れるだけで、帰りは眠くなるのでダメです。我が家からは車で30分弱です。

俵山温泉の特徴は、全国的に見ても珍しい、水素イオン濃度の高い温泉なのです。温泉組合が札幌国際大学の松田忠徳教授に依頼して、効能の検証をして頂きました。この方は文学博士と、医学博士の博士号を持っておられ、温泉学(温泉文化論、温泉観光学、温泉医学)がご専門です。

効能は水素イオンによる還元反応で、ストレスが溜まると酸化する体を、中和させると言うことで、積極的予防医療に活用を勧めています。昔は湯治客で賑わった街も、今はすっかり人が少なくなってしまいました。

逆に言えば地元としては、利用しやすくなったわけで、もっと積極的に利用しましょうという事です。長門市から俵山に行くには、険しい山間の道があるだけです。その為に過去には何度も大雨で、土砂が崩れ道路が使えなくなりました。

計画では国が主導で、高規格道路(早い話が無料の自動車専用道)を建設する予定です。いずれは有料化されるでしょうが、多分有料になったら地元の人は、使わなくなると思います。

話を戻して、私の家から比較的近い温泉は、湯免温泉、湯本温泉、俵山温泉があります。もう少し足を伸ばすともっとありますが、時間と距離を考えるとこの3カ所です。その中でも俵山がダントツなのですが、宿泊施設が昔の湯治場なので、昭和初期の温泉街をイメージして頂くと丁度良いと思います。

宿は全て温泉の内湯がありません。2カ所ある共同の浴場を使うことになります。1カ所は以前紹介した白猿の湯で、ここは新しく建て替えた浴場です。もう1カ所は私もかなり昔行ったので、ほとんど記憶がありません。建物は昔のままです。両方とも泉質は同じです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


VENETERついでに

さてオルトフォンとVENETERを折角組み合わせたので、全然聞けなかったLPを再生してみることにしました。

toscanini

デジカメで撮ると、何故か青色になるのですが、本当は紫色です。

TOSCANINIがNBC交響楽団を指揮して演奏した、VERDI作曲”Requiem”です。日本人は3大が大好きで、このレクイエムはその3大の中に入っています。

この曲は多分ですが、昔やっていたNHK BSで、音楽名探偵の番組で取り上げたとき、初めて聞きました。特にA面2曲目の”Dies irae”の冒頭部分の、ホール中に響き渡るグランカッサの音が、全く他の演奏と違って、大音量で響き渡るのです。

それが聞きたくて、最初はCDを買いましたが、音が酷くて全く聞いていられませんでした。特にコーラス部分が歪んでいて、かなきり声になっています。太鼓を響き渡らせようとすると、全然聞けなくなります。

それがあるので、偶々お茶の水のディスクユニオンで、格安のオリジナル盤を見つけたので買ってきました。しかし埼玉時代これをかけたら、もっと酷いのですね。

山口に帰ってモノラル環境で聞いても、ちっとも良くなりません。半分諦めていたのですが、そこへ登場したのがVENETERのフォノイコ。これでサンジェルマンと同じように、RCAで再生したら聞けるようになったのです。

やはりモノラル音源は、フォノイコできちんと調整しないと、全然ダメだと思いました。問題はステレオ音源のffrrをどうするか。もうこれ以上無駄なものは買いたくないので、棚上げするかソフトを買わないようにするしか、方法は無さそうです。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽


VENETERのフォノイコ登場

旅行から帰って、オーディオテクニカのモノラルカートリッジを、暫く使っていました。久し振りにオルトフォンを登場させようと思い、カートリッジを載せ替えました。当然使うフォノイコも代わるので、いよいよVETERのフォノイコの登場です。

埼玉時代購入したのは良いのですが、音が悪くて全然聞けなかったLPがあります。

st germain

Art Blakey & Jazz Messengers ”au club St. Germain”です。邦題はサンジェルマンのジャズメッセンジャーズ。山口に帰ってから、モノラルカートリッジにして、結構聞けるようにはなりましたが、やはりもう少しは何とかしたいというレベルでした。

そして今回

lp12

オルトフォンのカートリッジで、試して見ることにしました。

日本盤なので、当然RIAAの筈なので、最初はRIAAでセット。早速音を出してみましたが、やはり何か不自然で、安心して聞いていられないという感じです。

そこで

veneter

RCAがオリジナルなので、RCAに切り替えて聞いてみました。

まあ見事にドツボに嵌まった感じで、ドンピシャです。このフォノイコ、モノラル用なので、入力が1端子しかありません。もう1台あったら、ステレオ用に使えます。しかし残念ながら、このアンプで最後なので、ステレオは諦めることにします。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


最近記事無しなので

2月27日に共有林の境分け(知っている人から、何処が境なのか教えてもらうため、一緒に山歩きをする)をする予定だったのですが、当日雨になったので、急遽中止になりました。その後3月4日に延期になったのですが、又々3月3日に雨が降ってしまい、再度延期にするか、今年は中止にするか、と言う話になっています。

2月25日の未明から少し腹の調子がおかしくなり、夜間トイレに何度も行く羽目になりました、朝食は食べたのですが、少し食べると気持ちが悪くなり、吐き気も少しし始めました。父は高齢なので、私より2日前から、調子が悪くなり、食事も余りしなくなっていました。

26日はもう最悪で、食事は少しずつでも摂っていますが、ムカムカは全く収まらず、これはどう考えてもおかしいと思い、原因を色々考えてみました。結論はノロウィルスだろうと思います。このウィルスたった10個の菌が、僅か2日で10億個になるそうですから、その感染力は恐るべきものです。

結局27日には家族全員が感染してしまいました。私の方は27日夜に、かなりの熱が出たようで、起きたらパジャマは汗びっしょりなっていましたが、これで菌はほとんど死んだようで、朝にはほとんど回復していました。ノロウィルスには有効な薬が無いので、医者には一家全員かかりませんでしたが、3月3日時点で全員保菌はしていると思われますが、一応回復したようです。

今月は3月22日に自治会総会があるので、その前に会計監査をしなければいけません。今度の総会では多分役員の改選もあるかと思います。

3月27日から29日まで、福岡のマックスオーディオで、オーディオフェアーがあります。今年は行って、久し振りに九州の方と再会したいと思っています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記