FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ついにスーパーツイーターを外しました

埼玉で購入した村田製作所製の、スーパーツイーターを遂に外しました。今まではこれが無いと、音が寂しくなっていました。しかしSP廻りの徹底的な見直しと修正をやった結果、一昨日のオフ会の時、どうも無い方が良いのではと思い始めていました。

理由は曲によっては、高域がきつく感じられるようになったからです。オフ会中は試すことが出来なかったのですが、昨日子供が寝た隙に有り無しでどう変わるか試してみました。

結果は無い方が、余計な音がしなくて、全体に音の雑味が減ったことと、逆に高域がきれいに延びたためです。ここまではスーパーツイーターにゴム製の蓋を外したり、付けたりを繰り返して試していました。

無い方が良さそうと言う事が分かり、だったらSP周辺の空間にある、スーパーツイーターを固定している置き台が、音場を乱しているだろうと言う事で、全部外すことにしました。

新しい配置

こんな感じで全部外しました。

余計なものが無くなったお陰で、高域も低域も延びたし、余計な響きが無くなって、解像度も上がったし、今のところは良いことづくめです。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


スピーカーからの不要輻射

メインスピーカー、EXCLUSIVE2251に関して、未だ何か忘れていないかと、色々粗探しではありませんが、悪さ加減を考えていました。スピーカーの解像度の低下の最たる原因は、スピーカーケーブルを固定する、SP端子にあったわけで、これを銅製の高剛性の端子を製作して、交換したら見事に狙い通りになりました。

これをやったらもう再販はほとんど不可能になるので、迷いはあったのですが、結局は自分の誘惑に負けてやってしまったわけです。内部の端子も、同じ樹脂と鉄製の端子だったので、これもアルミ製のもっと単純構造で、剛性の高いものを製作して、交換しました。

お陰でアースのループというおまけまで付いてきてしまって、それに気がつくのにほぼ3年が経過しました。従来のSP端子は、外せなかったので、そのままずっと手つかずでいたのですが、端子が原因で音が悪かったと言う事は、当然端子台は不要振動していたはずだとハタと気がついた次第です。

実際に手で触ってみると、結構振動しています。しかしSPの後ろ側にあるわけだから、影響は少ないだろうと思っていましたが、どうせならと振動対策をやってみることにしました。

2251SP端子

前のブログでアップした端子台の写真です。特に黒いプラスチックの部分が振動しています。この部分に何か詰め物をして、蓋をすれば良いはずと、ホームセンタに何か素材を探しに行きました。

散々店中を探しまくって見つけたものが、ウレタン素材のスポンジです。これを適当な大きさに切って、端子台の部分は、スポンジに穴を開ければ良いわけで、蓋はずっと以前に購入して、音がデッドになりすぎて、使い道の無かったオトナシートを使って見ることにしました。

端子台の蓋

こんな感じで蓋をしてみました。

結果は自分でも驚くぐらい変わりました。SPの後ろの壁が、厚さ215mmもある天然木の集成材ですから、反射が効率的に行われていて、それが見事に音を濁していました。

なんとまあ清々しい音になったことか、自分でも呆れています。

これに気がついたのは、三菱の70周年記念で出した、新しいSPの評論家達の試聴記事を読んでいたからです。その時裏蓋の止めネジの鳴きを抑えるために、ネジの頭にフェルトの蓋をしていると書かれていました。

そこで2251の裏蓋を調べたら、写真の通りフェルトの蓋がしてあります。さすがだなと思って見ていたのですが、ふと端子台を見たらむき出しになっているわけです。これって絶対に振動しているよな、と言うところから気がついたわけです。

オーディオは悪さ加減の集大成、悪さ加減を少しでも減らせば、確実に音は良くなります。しかし瓢箪から駒、普段は全く気がつかないところに、大穴が開いている事に気がつかされました。未だ未だ探せばいくらでもあるでしょうね。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


アースのループ

今日はスピーカーのアースのループです。と言っても極めて個人的問題なので、今回の件は特殊なケースです。事の発端は防府のサウンドテックで先日あった、光城精工とSAECの試聴講演会での件です。

SAECさんだったかどうか記憶が曖昧なのですが、SP端子の中に、GND端子がある話をされました。最近のタンノイのSPシステムには装備される様になりましたという話から、何故あるのかと言う説明がありました。

理由はSPユニットのコイルに、交流電流が流れると、その誘導でSPユニットの金属ケースに、迷走電流が流れるので、それが音を悪くしていると言う事です。私が所有しているEXCLUSIVE2251には購入時点から(つまり20年以上前から)、その端子が付いていました。

しかしその端子が何故あるのかという説明は全く無く、単にGND端子はSPの-(マイナス)端子に、ショートさせて下さいという事が書いてあるだけです。理由は全く分からず、その通りにしていたのですが、その時の解説で20年目にして、やっと理由が分かった次第です。

だったらSP端子でショートさせているものを、切り離して、きちんと大地アースに落とせば、もっと良くなるのではと思い、接続しようとして、テスターでチェックしたら、どうもSPの中でショートしているようです。

SPユニットのネットワーク端子台が、磁性体だったので、それをアルミ化した自作台を作って配線したのですが、どうもその時内部ショートになった様です。

しかし今までの線はそのまま接続した状態にしてありました。そして昨晩アースの配線のことを色々考えている内に、もしかしたらアースがループになっているのでは、と突然気がつき外してみました。

何と外した途端に、SPから音が離れて、パッと広がったではありませんか。そのまま何曲か聞いていたら、今まで何て酷い音を聞いていたのかと、愕然としてしまいました。

ここ最近アースの配線の見直しをしていますが、前回のUPSのアース線、テレガートナーのアース線、そして今回のSPユニットといい、アースがここまで音質に影響していたなんて、全く知るよしも無く、これからも何が出てくるか、鬼が出るか蛇が出るか、やってみなければ分かりません。

アース線を2本平行配線するのも、結局アースのループになるからダメの様です。両端をショートさせているわけですから、電位は同じ筈なのですが、同じでは無いと言う事なのでしょう。どなたか合理的な説明があったら教えて頂きたいと思います。

この話はあくまで私が所有しているSPユニットでの話なので、ノーマルのユニットではショートさせて使って下さい。私が言いたいのは、アースのループはダメですと言うことなのですが、これ実は実態を知るのは結構大変で、使用機器のアースが機器内でどう配線されているかが分からないと、対処のしようがありませんし、機器内の配線は触ると、メーカー保証対象外になるので、リスクが伴います。

触らぬ神にたたり無しを決め込むか、出来る範囲で努力するか、.音質への影響は極めて大きいだけに困ります。

2251SP端子

参考までに2251のSP端子部分をアップしておきます。CGRと書いてある端子が、アース(GND)端子で、通常は-(マイナス)端子とショート線で接続します。私は今はこの端子を使っていません。

実はこのブログを書いた後、よく考えてみたら、アンプや入力機器は全て、電源は3Pコネクターで接続しています。つまりアースは全て分電盤で1カ所に集められています。そして信号系のアース(シールド部分)線は各機器に接続されています。つまりループになっているのですが、これの影響はどうなのでしょうか。

LINNは電源のアースを接続することが前提で、機器の設計がされています。この辺の矛盾が今一良く分からないくて、アースの問題にはずっと目をつむってきました。それがあって今回は思いっきり頭をどやされたのですが、かといって自分で納得出来ている話でもないのです。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


SPの接点クリーニング

Exclusive2251の接点クリーニングですが、内部の接点の多さに遂にギブアップをしました。今回やったのはSPの内部の線と、外部の線をつなぐソケット端子と、ウーファー及びスコーカーの内部端子です。

LCRネットワークの端子は、余りにも多くの圧着端子が使われていて、やったら効果があるだろうなとは思いつつ、不自然な姿勢を長時間とり続けなければいけない・・・・ネットワーク基板は接着剤で固定されているので、外せないため・・・・ことがあり諦めました。

しかしここの接点数は比較にならない位多いので、これをやらなければ、ほとんど意味が無いのではと思います。

まあ中途半端は諦めることにして、取りあえずSPの接点磨きは丸1日で終わらせることにしました。翌日組んだSPのセット調整をや始めたのですが、最初にロイ・ヘインズを聞いたら、ラディックのドラムセットの音が、本来なら乾いたパーンという感じにならないといけないのが、湿度99%の湿った音にしか聞こえません。

スコーカーを組んだときに、本当はSPを寝かせてセットしなければいけないのを、立てたままでやったので、ドライバーを固定する楔が中途半端に刺さっているためです。やっぱりダメかと言うことで、再度バラして今度は寝かせてセットです。しかし重いから寝かせたり、立てたり運んだりが大変なのです。

やっとの思いでセットしてさあ音だし・・・・まあ何とか音が出たからいいやと言う事で、今度はプリアンプと、DSの接点磨きをしました。遅くなったので寝ようとして、パワーアンプのスイッチの左側を切ったとき、右側の音がこもっている・・・・どうもスコーカーから音が出ていないことが判明。

翌朝起きてテスターで測ったら、何とスコーカーの抵抗値がMΩオーダーなのです。通常はKΩなので、配線を間違えたか、接続していないかのどちらかです。

仕方が無いので、再度右側のウーファーを外して、内部配線を全部チェック、暗いところで作業していたので、Y型端子を差し込んだとき、間に挟まってはいけないワッシャが挟まっていて、これが邪魔をしていたことが判明、なんだかんだと丸2日とちょっとかかって、やっとまともに音が出る様になりました。

これでDS、プリ、パワーと、中途半端ながらもSPと終わった時点での音ですが、何となくクリアになったのかな、散々苦労したのでプラシーボ効果が90%のような気もしなくもありません。

後残りはアナログ系と、NASの周辺機材と、内部接点があります。TMDの液は残っているので、最後までやりますが、労多くして本当に聞いて分かる様な効果があるのかなと、これも自己満足の世界でしょうね。

2日にお客さんが来られるので、その時にでも確認してみようかと思いますが、その時にはNASの電源箱もセットが終わっているし、Gold Switchもリニア電源に変わっているし、良く分からないと思います。

今日は加工済みのアルミ板が到着と、スフォルツアートから電源が戻ってきます。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


SPスタンドの下に

12日は地区内の小学校で、朝9時半から父兄や、地区の住民、ボランティアの方を集めて、感謝会ありました。小学校で田植えから稲刈りまで(当然地区の農家が協力していますが)、小学校が管理している水田でとれた米(ヒノヒカリ)を使って、おにぎりが作られ、豚汁と一緒に、お昼にごちそうになりました。

小学校は全校児童が約80名です。各学年十数名の子供たちが通っています。どれかの学年に偏ること無く、適度に分散しているので、先生もやりやすいと思います。

それぞれの学年ごとに、テーマを決めて、学芸発表会がありました。各学年十数名ですから、全児童に出番があり、かなりの練習をしたのだと思いますが、みんな恥ずかしがらずに、大きな声で演じていましたから、良い経験になったと思います。

その後年末恒例の赤い羽根募金の集金に部落を回り、家に帰ったら注文してあった、バルサ材の板が到着していました。

タイルカーペットを外してから、つまったような音に辟易していたので、早速90mm角にカッターで裁断して、家人に手伝ってもらって、SPスタンドの下に敷きました。3カ所では無く、4カ所設置です。90mm角は丁度スタンドの柱と、同寸法です。

バルサ材はカッターで切れるほど柔らかい板です。下手に鋸を使うと曲がってしまうので、定規とカッターを使って、切った方が良いです。上にかかる荷重で、厚さを変えたら良いと思います。柔らかいので、内部損失が多く、緩衝材として使うには丁度良いので、フェルトと同じように時々使っています。

敷いたバルサ材

厚さ5mmですからこんなものです。ソノリテだと約8mmですから、これよりもう少し高くなります。

全体写真

全体だとこんな感じになります。

早速音を出してみました。最初は板がふわふわですから、少し響きすぎと感じましたが、暫く経つと音が落ち着いてきました。十分落ち着くには数日かかると思います。

やはりスタンドのべた置きは全くダメで、少し浮かさないといけませんね。メーカー製は、金属製のスパイクが多いと思いますが、スパイクをそのままですと、アンダーボードに穴が空いてしまうので、どうしても受けを用意しないといけなくなります。

受けは同様に金属製となるので、インシュレーター全体が金属になってしまいます。私はあまり金属製のものは使いたくないので、とりあえずはバルサ材の板、手に入れば革製のソノリテに変えたいと思っています。

ソノリテは1個で50kg、4個使うので全部でMAX200kg迄の荷重に耐えられます。私の場合は全部で80kgですから、十分に安全圏内です。全部で8個使うので、マッチドペアーで8個手に入れば、設置します。

スーパーツイーター

スーパーツイーターとの隙間が狭くなってしまったので、スーパーツイーターからの放射波が、エンクロージャーに当たって干渉しています。もう少し上げないといけないのですが、ソノリテが来てから調整したいと思います。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


タイルカーペットを外した結果の続き

タイルカーペットを外した件、続きの続きです。やはりSPとスタンドの自重が重く、アンダーボードが全く響かなくなりました。プリのボリュームセットを全く同じにしても、音圧で3~5db位低くなりました。感覚的には低音が出なくなったと感じますが、スペアナで調べたら、低音は少し出は悪くなっていますが、一番大きく影響を受けたのは、高域(主に15khz以上)でした。ほとんど出なくなったのです。

スーパーツイーターを付けると、聴感上は低域が変わると言われていますが、全くその通りになりました。スーパーツイーターは付いていますが、全くと言って良いほど効果は出ていません。やはりスーパーツイーターの効果は、あくまでアクセサリーの域を出ません。

本当につまらない音になって、聞く時間が激減しました。注文したバルサ材は在庫があるようで、その内に送ってくると思います。ソノリテはイルンゴさん次第なので、こちらは返事待ちです。

それにしても、硬いもの同士を直接接触させるのはNGで、間にそれなりのクッション材を入れるというアイデアは、楠本さんから教えて頂いたのですが、外して初めて分かる何とかで、価格を考えたら、タイルカーペットのアイデアは、やっぱり凄かった。しかしこけてもそのまま起きるのでは面白くないので、何か付加価値を付けたいと、思っています。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


タイルカーペットを外した結果

SPスタンドとアンダーボードの間の、タイルカーペットを外した結果の後編です。

音の曖昧さは無くなったものの、今度は見事に音が響かなくなりました。音がぺったんこになり、膨らみが無くなりました。私が普段聞いている、SPから見たら右側のSPから更に右に外れた位置の机の前で、今まで聞こえていた左のSPの音が、全く聞こえなくなりました。

またベースの胴鳴り見事に無くなりました。ほとんど予想されたとおりです。やはりSPスタンドと、アンダーボードの自由振動が、SP等の自重で抑えられた結果です。再び自由振動させないとダメなので、SPスタンドと、アンダーボードの間に、何かインシュレーターを入れないといけません。

今までと同じタイルカーペットでは、元に戻るだけなので、別の素材と言うことで、SPスタンドの柱部分の下に、バルサ材の90mm角で厚さ5mmの板を挟んでみることにしました。バルサ材を選んだのは、コルクだと柔らかすぎること、桐だと硬すぎると思ったからです。

未だ板を発注したばかりなので、取り付けはこれからです。これがダメならイルンゴオーディオの、ソノリテを使わざるを得なくなります。ソノリテを使えば、自分的にはほぼ完璧ですが、これのセッティングは実にシビアで、実力を発揮させようとしたら、仕方の無いこととはいえ、誠に面倒なので、もっとルーズに出来る、バルサ材の板を先に試してみることにしました。

予想されたこととはいえ、やはりオーディオはシビアですね・・・やっぱり最後はソノリテに行き着くか・・・・
SPが軽ければ、なんてことも無い作業なのですが、歳を取ると47kgはやはり重くて、出来れば触らぬ神にたたり無し、をやりたいのですけどねぇ・・・・

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


SP周辺の改良

我が家のメインSPである、パイオニア製EXCLUSIVE2251、山口に帰ってから、ほとんど変更していなかった、セッティングをついに変えることにしました。

埼玉にいた当時から、SPの振動対策として、SPとイルンゴ製のスタンドとの間には、同じイルンゴ製のソノリテという、革で出来たインシュレーターを挟んであります。

スタンドと、アンダーボードの間には、タイルカーペットを敷いてあります。アンダーボードと床との間にも、タイルカーペットが敷いてあります。

埼玉時代は、高層建築の集合住宅でしたから、防振対策は必須で、カーペットを外すことは出来ませんでした。山口に帰ってからは、部屋を作ったばかりで、時間とともに音がどんどん変化していくので、慣れの問題もあるし、音がかなりとんがっていたので、中々外すわけにはいきませんでした。

しかしここへ来て、DSもアップグレードし、音の変化も落ち着いてきたこともあるし、あちこち細かい手直しをしていった関係で、かなり音もこなれてきたように思いました。そこで思い切って、カーペットを外すことにしました。

スタンドも入れたら総重量は80kg近くなるので、移動を一人でやるとなると、中々大変ではあります。移動はスタンドにSPを置いたままやります。SPの結線だけを外します。

さてカーペットを外すに当たって、置いたらどうなるか、最初にアンダーボード直に床の上に置いてみました。そうしたらやはり床板が、完全にはフラットではないので、ガタがでました。これでは使えないので、床とアンダーボードの間には、カーペットを挟むことにしました。

カーペットはSPの位置はもう決まっているので、アンダーボードの大きさに合わせてカットし、横に広げることは止めました。

スタンドとアンダーボードの間のカーペットを外してセットし、ケーブルを結線して、いよいよ音出しです。

カーペットを外した図

カーペット外したSPユニットです。音が落ち着くには数日かかると思いますが、最初に心配した、音が尖る、床の反射が酷くなる、振動がオーディオ機器に伝わる、等は今のところ出ていないようです。

ライブアルバムの臨場感が、大分アップしたように感じられます。もう一つは演奏者が、前に一歩出てきたように聞こえることです。期待したように、良くなってくれれば良いのですが。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


オーディオは本当に難しい

2月24日スーパーツイーターを吊している、木枠を一部変更することにしました。変更するのは、ツイーターを固定している木の棒を、枠に固定しているネジを、ステンレス製の木ねじから、ステンレス製の6角ボルトに交換しました。

交換した理由は、何度も位置の調整をしている内に、木ねじが緩んできたためです。木ねじは下側からねじ込んでいるために、SPにセットしたままでは、ねじ込めないためと、木ねじなのでそう何度も、増し締め出来ないためです。

今までは3.5mmの木ねじだったものを、M8のネジに代えました。

ネジ部

ボルトの頭を下にして、上側のナットで締め付けます。

全体

こんな感じになりました。本当は木ねじの方が、出っ張りが無いので、良いのですが、果たしてどうなることやら。

でいつものバーレスクからかけてみました。何となく今一しっくりきません。全体に音が詰まった感じです。特に低域が下まで充分に伸びきっていません。

ツイーターのバナナプラグを差し込んでいる穴を、綿棒に灯油を染み込ませて、シコシコやったので、乾いていないのと、慣らし不足かと思い、暫く聞いていましたが。やっぱり何か変。

2251の本体に接続している線の、ネジの締め付けを調整したり、端子の固定ネジの締め付けを調整したりと、色々やってみましたが、やっぱりしっくりきません。

こうなったらもうこれが最後と思い、スーパーツイーターの棒を固定している、M8のネジの締め付けを緩めてみましたら、これが見事に的中。元に戻りましたが、私的には・・・・・何でそうなるの・・・・・理由が全く分かりません。

締め付けをきつくしたら、当然前に突きだしている棒の振動を押さえられます。本来ならば、振動が少なくなった方が、副作用が少なくなるはずなのですが、そうはなっていないと言うことなのでしょう。きつく締めた方が、むしろ振動がより伝わっていたのかも分かりません。

でもなんで低音なの????・・・・笑って誤魔化すしか無い落ち。
イヤイヤどうも、もしかしたら、もしかしなくても、低音の解像度や、伸びは低い方では無く、もっと高い方・・・・可聴周波数帯域以上の再生と、深く関わっているのでは無いかと想像しています。

現状は未だ調整不足、元には戻せないので、これで何とかするしか無いです。やり過ぎはダメなのですが、やり過ぎてみなければ分からないところが、何ともならないという、いつまで経っても解決しない問題です。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


2251の再調整

少し気になっていた、2251のツイーター用ドライバーの固定を、2カ所の標準楔で固定することにして、暫くそのままで聞いていました。

しかしどうもひっかるところがあるのです。どうひっかるのかと聞かれても困るのですが、少し不自然なのですね。左右も気持ち的に同じでは無いように、聞こえるのです。これは毎日聞いている人間にしか、分からない話なので、完全に自己満足の世界です。

いつもの机の前で聞いていても、少し歪んでいると言ったら、言い過ぎなのですが、時々おかしな音が聞こえてきます。

楔を抜いたり入れたりしていたので、やはりドライバーの位置が微妙にずれて、ホーンにストレスがかかっているのでは無いかと、思い始めてきました。暫くは無視していたのですが、やはり気になり始めたら、修正しないと気持ちが落ち着きません。

ついに意を決して、12月6日午前中にやっつけることにしました。写真では何の変化もありませんから、撮影はしていません。作業時間としては約1時間半程です。

最初はウーファーを取り外して、中に手が入るようにします。その後ツイーターのホーンを固定しているネジを全部緩めます。少しドライバーを動かして、改めてホーンとエンクロージャーの接触面が、均等に当たるようにして、位置を固定します。

その後ホーンを固定しているネジを、締め付ける順番と、締め付けるトルク加減を調整しながら、少しずつ締めていきます。最後にトルクドライバーの、設定値まで締め込みます。順番に閉め忘れが無いか、チェックしながら仕上げます。

これでMilese Davisをかけてみました。いつも聞いているLPなので、違いは直ぐに分かりますが、音が自然にすっと前に出てくるようになりました。やはり左右で位相のずれが、出ていたのでしょう。机の前で聞いていても、以前と同じように、嫌なところが出なくなりました。

やっぱり何でもそうですが、手を抜くなと言うことですね。

ベネターのフォノイコは、メーカーの製品としての在庫は切れたそうです。再生産の予定も今のところ無いそうです。しかし唯一店頭でデモ用に使っていた1台があるので、これで良ければ譲りますと言うことでしたので、それで結構です、と言う返事をしました。

このアンプはバッテリー駆動なので、電源の影響は受けにくいだろうと思っています。壁コンから取ったのと、音が違うのかどうか、こちらも来てからのお楽しみです。

12月に入ってから、寒い日が続いています。5日から雪が降り始めて、6日も雪が降ったり、曇ったり、突然晴れたりと、不安定な天気が続いています。

気象庁が暖冬予報だったので、冬用タイヤを未だ付けていません。8日から暖かくなるそうなので、そうしたらタイヤを履き替えようかと思っています・・・寒いとやる気にならない 汗。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用