農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ここ最近余り音楽は聞いていませんが・・・・

ここ最近は、農作業が押し迫っていて、のんびり音楽を聞く気になりませんが、そんな時DSの使い勝手の良さが、改めて無くなってみて、それを感じています。

やはりアナログは気合いが入らないと、聞く気にならないので、本当に久し振りにCDを、CDプレーヤーで聞いています。そこで今まで散々聞いたCDのリッピングデータを、CDで改めて聞いてみました。

そしたら、何と全然違和感無しに聞けるのです。UNIDISK1.1ってこんなに音が良かったのだと、改めて見直しています。特にヴォーカルものは、どうもCDの方が音が良いのでは、という気がしています。

DSはリッピングデータですから、100%のデータで再生しています。しかしCDプレーヤーは何%かのデータロスがありますから、その分の修正されたデータを聞いているわけです。

音の違いはそれだけではありませんが、やはりCDプレーヤーの音造りは、ある程度の完成された領域に近づいていたのかも分かりません。

しかしアナログが、改めて見直されてきたように、もしかしたらCDも将来は見直されて、突然ブレークスルーするかも分かりません。手持ちのソフトは大事にしましょう。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


LINN UNIDISC1.1の発熱対策

LINN UNIDISC1.1の発熱で再生している途中で、突然再生不能になることが何度かありました。UNIDISCは1つの箱の中に、電源、映像基板、音声基板、ディスクドライブ基板が入っていて、最大の発熱源は箱の右側にある電源基板です。

ケースの蓋を外してしまえば、発熱対策としては完璧なのですが、埃を一番嫌うディスク読み取り部が、箱の一番上にセットされているために、蓋無しは不可です。

その為に電源基板を外に出すことを考えました。発熱の多い電源基板用の箱として、表面積の多いアルミの押し出し材を選択、内部との接続のための配線材、接続できるコネクタを選定しましたが、うまく刺さらずかなり改造しました。

unidisk1.1と外部電源

写真の左側がUNIDISC1.1と右側が外部電源の箱です。

これで発熱はかなり抑えられたのですが、別の問題が出てきました。この電源が整流用ダイオードからの発熱が多く、熱伝導性のあるゲル状の樹脂でケースと繋げてあるのですが、そのゲル剤にどうも導電性があるようで、漏電していたのです。

漏電遮断器が働くほどでも無かったのですが、機器に不具合が出る程度には漏電していたようです。ビニールテープで絶縁させたりしていましたが、結局ディスクを出し入れするモーターがついに動かなくなり、電源基板を元に戻して修理に出すことにしました。

と言う事で、メーカー品には余計なことはするなと言う教訓を残して、私個人による発熱対策は終了とすることにしました。今はアンダーボードも使わず、ラックの天板と、UNIDISCの天板の間が出来るだけ、離れるようにしてセットしています。

ついでに、UNIDISKに使用している足ですが、硬いものや位置を変えたり、色々試してみましたが、結局標準品が一番良かったです。やはりLINNは製品を最終仕様決定する方の、耳が非常に肥えているなと思った次第です。

テーマ:オーディオ機器 - ジャンル:音楽


LINN UNIDISK1.1の事始め

過去の話はほぼ終わりましたので、これからは今の状況に通じる話です。

さて半分以上はオーディオをやるために再就職しましたから、これから本格的にのめり込んでいきます。最初にやろうとしたのは、やらなくても良いことをやってしまった、ルボックスのB226Eをどうするかです。

やったことは、電源ケーブルを交換したのですが、交換するときばらさなくても良いところをばらしてしまったために、完璧には戻せなくなってしまったのです。

CDをかけるときに少々不具合が出ていましたが、まあ何とか使えないことは無いので、使っている内にB226Eのサービスが中止となってしまい、いよいよどうにもならなくなってしまいました。

そうこうしている内に、DVD-AとかSACD等という新しい規格のディスクが発売されて、そちらにも興味がありました。またVHSのVTRも故障が出始めるしで、ついにDVD-Vに切り替えざるを得なくなってきました。

そんな時にCD、CD-R、SACD、DVD-A、DVD-Vと何でも使える、ユニバーサルプレーヤーと言う商品が発売され始めていました。

暫くは様子を見ていたのですが、LINNからUNIDISC1.1と言うユニバーサルプレーヤーが発売されて、その音を聞いたら1回で魅了されてしまいました。LINNではIKEMIとCD12と言う専用のCDプレーヤーがありましたが、私の目的に沿わないので全然興味が無かったです。

最初は価格面で全く買うことは出来ないので、タダ単にいいなあと思っていただけなのですが、何度かダイナのサウンドハウスで聞いている内に、やはりこれは家で何とか聞けるようにしたいという、妄想がついに暴走してしまい、その売り場の担当だった白崎さんという方に、これの現品特価品って無いのですか、と聞いてしまったのです。

そうしたところ、実は今のこの展示品を現品特価品にしようかと思っていたところなのです。とまあ完璧に白崎さんの術中に嵌まってしまいましたが、B級品として手に入れることが出来ました。実際に手元に届いたのは2003年8月2日です。

LINN JAPANから発送されてきたのですが、最初からトラブルが続出と言うほどでもありませんが、読み取れないCD、途中で音が途切れるCD、再生不能になるDVD-Aがかなり出ました。

SACDとDVD-Vは何故かそのようなことになるディスクは、持っていた数もそれ程多くはありませんでしたが、全く出ませんでした。

かけられないディスクが20枚近く出た時点で、一度LINNのサービスの方に送り返しました。LINN JAPANで一緒に送ったディスクで確認してもらい、どうもソフトを入れ替えたようで、一応直ったと言う事で送り返して頂きました。少なくとも一緒に送ったディスクの問題は無くなりましたが、また新たに再生できないディスクが出てき始めました。

再度それがたまった時点で再びLINNに送りました。購入して半年間で2回の入院です。今度はピックアップの交換になりました。6ヶ月でほぼ半分は入院していた勘定になります。

その後も何度も入院になり、一度はUK送りになったこともあります。最後に大幅なソフトの入れ替えがあって、その後はほぼ問題なく再生が可能になりましたが、今でもつきまとっている問題が、兎に角発熱が凄いことです。

私が購入した後マイナーチェンジがあって、ケースに通風用のスリットが開きましたが、私は一番発熱の多い電源部を外に出したらどうか、と言い続けたのですが、使い勝手が悪くなると言うことで、最後まで一体型のままでした。

テーマ:オーディオ機器 - ジャンル:音楽