FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



LINN KLIMAX KONTROL導入の初め

ファイルウェブの製品紹介でも書きましたので、重複しますが、自作のCDプレーヤー用コントロールアンプ自体は、音の抜けも良く結構気に入っていました。しかしパワーアンプMD811の発熱による部品劣化と、球が音の関係でRCA製のビンテージ管を使っていたため、どうしても中の真空抜けが激しく、しかも2ペアーを揃えるとなると、結構大変なものがあります。

価格も結構高いですから、ランニングコストもバカになりませんでした。P600の方はMD811に比べてもどうしても音に古さを感じて、そちらに戻る気は余りしませんでした。そこで思い切ってパワーアンプを買い換えようと思い、ダイナミックオーディオに行ったのです。

前からLINNのKLIMAX TWINは気になっていて、ダイナでも時々行っては聞いていました。そこでB級品について聞いてみたら、どうもあるらしいのです。そこで思い切って買うつもりで出かけたのでした。

店員の方と話をしていたら、KLIMAX TWINを買うのも良いけど、今丁度KLIMAX KONTROLのB級品が出ているからどうかと、勧められたのです。このプリアンプはそう度々B級品は出てこないので、お買い得と言う事です。

私はプリアンプは全く対象外だったので、最初はどうしようかと迷ったのですが、折角のチャンスだからと思い、自分の自作のコントロールと聞き比べても良いかと聞きましたら、構わないと言うことでした。早速次の週ダイナに自作のプリアンプを持ち込みました。

ソースはUNIDISCが無かったのでCD12です。最初は自作の方を聞きました。まあ自分の聞き慣れた音が出ていました。自分的には特に可も無く不可も無くです。次に接続をKLIMAX KONTROLに代えましたが、まあ一発でノックアウトされました。恐れ入りましたの一言です。

何が違うって、圧倒的な音楽性の高さです。オーディオ的なスペックは、徹底的に拘って作ったので、自分としてはもの凄く自信がありました。絶対に負けるわけが無いと思います。しかしオーディオは物理特性では無いと言う事を、決定的な形で目の前に示されてしまった訳です。

オーディオは回路設計もありますし、意匠設計、使用部品、組み立て時の注意、全部組んだ後の音のチューニング、あらゆる部分でそれに携わる人の経験と知見が試されます。

私の経験値はどうひっくり返っても、LINNの方には追いつかないと、この時点でギブアップをしました。これ以降アンプの自作は一切止めました。この時他のメーカーも聞いたのですが・・・何処のメーカーかは内緒・・・担当者は聞くだけ無駄と言ったのですが、敢えて聞かせて頂きましたが、やはり無駄でした。

この時点でこれ下さいと言いました。結果としてはこの時パワーアンプを買わなくて大正解でした。この後パワーアンプがフルモデルチェンジしたからです。

LINN JAPANで出荷前の最終検査に戻して、自宅に届いたのが約10日後でした。この時の写真は残っていないのですが、ラックが大したことが無かったので・・・ラックのせいにしていますが、実際は自分が使いこなしていないだけ・・・本来の性能は出し切れていませんでした。

確かに良くはなったのですが、約10倍の価格差に音が見合っていなかったと思います。自作の6DJ8はこの時点で机の横で積んどく状態になりました。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ機器 - ジャンル:音楽