FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



新型リッピングドライブの導入

以前Philewebの記事で、フォルダーネイムや、ファイルネイムを書き換えると、音が悪くなるという記事が出て、どう対処しようか色々考えていました。私のデータは、大半が書き換えたデータだからです。

結論的にはリッピングを全てやり直さざるを得ないと言うことになりました。データの書き換えは極力しないように、リッピング前に出来るだけ詳細に入れるようにしました。しかしどうしても書き換えざるを得ないものが出てくるので、バックアップサーバーに先に書き込んで、それをDS用のサーバーにコピーすることにしました。そうすれば書き換えたことの障害は、最小限に抑えられます。

ついでにPCも今までwindows7を長年愛用してきましたが、サポートが来年1月には打ち切られるし、メットワーク上の問題も少し出てきたので、windows10で最新型のCPUとチップセットを使ったPCに組み替えることにしました。

またリッピングドライブも埼玉時代に購入したものを使い続けていましたが、RATOCから制振構造のドライブケースも出てきたし、パイオニアもドライブを最新型のBDR-S12J-Xが出てきたので、これも新しく作り直すことにしました。

bdr07j-h

買い換える前のRATOCのケースに、BDR-07J-Hを入れて使っていたものです。

bdr12j-x

買い換えたRATOCの制振ケースに、BDR-12J-Xを入れたものです。見た目は何も変わっていません。価格は倍以上になりました。

さてこれで少しずつ再リッピングをしていますが、前のデータに比べて、味が濃くなったというか、音にコクが出てきました。表現としては誠にわかりにくいのですが、実際にそういう風に聞こえるから、仕方が無いです。

ドライブユニットが変わったからなのか、ネーム変更が総統悪かったのか、まあ多分両方なのだろうと思います。またサーバーのドライブの容量が足りなくなって、何度もデータのコピーを繰り返したのも、相当な悪さ加減なのだろうと思います。

結果的には全部のデータを書き換えざるを得なくなり、これが結構な時間つぶしに貢献しています 苦笑。データの読み込み速度は、Pure Readの読み取り精度を最重視仕様にしているために、4倍から9倍速です。大体1枚読み込むのに10分くらいかかります。

なんだかんだで、1時間に5枚くらいでしょうか。手持ちのCDを全部やるのに、2ヶ月は時間つぶしになると思います。まあ音が良くなるのでよしとします。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


結果長期入院となりました

5月の傷が原因の感染症にかかり、17日間入院し6月7日に一旦退院しました。足のすねの傷だった為に、骨と皮の間に肉がほとんどついていない部署だった事があり、削れてしまった肉がなかなか回復せず、傷口が塞がらない状態が続いていました。

先生からは、他から肉を移植することも出来ますが、と言われましたが、それがいやで元に戻るまで待つことにしました。傷口が塞がらない間、傷口がいつまでも乾かないし、手当は毎日自分でやっていますし、病院でも週に2回ほどやってもらっていました。傷口も初期の頃に比べれば、大分肉も盛り上がってきました。

しかしどうも傷のある足の方が太いように見えるし、赤味もあるように思ったので、6月23日偶々担当の先生が当番医だったので、見ていただくことになり、MRI以外の検査は全てやりました。しかし結果は何も出ません。でもレントゲン写真を見ると、傷を受けた骨の部分が何となく気になるということで、24日MRIで再検査することになりました。

しかしMRIの結果も何も出ませんでした。しかしどうも気になるしどうしますかということで、先生と話をしたのですが、後であの時切っておけば良かったねと言う話にだけはしたくないので、やはり気になる以上は切って再洗浄した方が良いだろうと言うことで、24日再手術をすることになりました。

前回は局所麻酔だったので、手術中痛くていやだったので、今回は腰から下の麻酔でやることにして、徹底的に洗浄してもらうことにしました。

結果はやはり弱い菌でしたが、一部に汚染された細胞が残っていて、これが原因と思われますが、傷の治りが阻害されていたようです。肉が盛り上がっていたので、傷口も完全に塞ぐことが今回は出来ました。

入院中の治療も順調に経過して、7月8日無事に退院できました。こんなこともありますので、簡単な傷も馬鹿にせず、ちゃんと治療することが必要なことを痛感することになりました。

結局延べで31日間入院する羽目になりました。今回は農業法人が労災保険に加入していたので、治療費は全額国の負担になりましたが、通院中の自宅治療で必要な資材(ガーゼや包帯、消毒薬等)は、個人負担になるようです。病院で処方する薬は外の薬局で買っても、個人負担はありません。

労災を認定してもらう為には、けがをしたとき、それを証明してもらう証人が必ず必要なことです。私の場合偶々ですが一緒に作業をしている人がいたので、証明には困りませんでしたが、一人で草刈りなどをしていたときの事故は、証明に困るので、複数で作業するのが本当は良いだろうと思います。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


5月の太陽光発電

大分遅くなりましたが、5月の太陽光発電の結果です。総発電量は1378.8kwhでした。昨年の5月は1160kwhでした。昨年の8月は全く雨が降らず、記録的な発電量でしたが、5月は更にそれを1.8kwhでしたが、記録を更新してしまいました。

今年の西日本は記録的な小雨で、平年の1/3~1/2程度しか雨が降っていません。6月になっても小雨状態が続いていています。調度この時期は代掻き、田植えと水を大量に使う時期で一時は田植えを見合わせるような状態まで、貯水池の水が減りました。6月15日に降った雨が総雨量で80mm程になり、これを使って何とか田植えを完了し、更に貯水池も満水まで戻りました。

しかし今後も小雨状態が続くようであれば、夏場の渇水時に水がなくなるという、最悪の事態もあり得ます。今年はヤマモモがたくさん実をつけたという情報もあります。ヤマモモが豊作の年は、水稲は不作という言い伝えもあるので、今後の推移は決して楽観できる状況ではありません。

これからも晴天が続くようであれば、事業としては農業よりも太陽光発電の方が、遙かに効率的といえる状況になります。北極の方は記録的な高温状態が続いているようで、グリーンランドの氷河は減り続けているそうです。既に減った分だけで世界で海面高さが13mm上昇したそうです。

世界規模での天候異変は続きますし、農業が天候に左右されるのは、太古の昔から何も変わっていません。農産物の価格変動が激しいのは、食料は必要量がほぼ決まっているのに、生産量が不安定なためです。

しかも毎年新しい製品が生産されますから、1年が過ぎて古くなったものは、食べるものが無くなれば食べるでしょうが、新しいものが同じ価格で買えれば、誰も古くなったものは買おうとしません。そうなると流通在庫を持っているところは、古くなる前に早く処分しようとしますから、価格が安くなりますし、売れなければ処分しなければいけなくなり、その分がまる損になります。

生産費は簡単には下がりませんが、販売価格は直ぐに下がります。工業製品は製造原価が販売価格に対してかなり差があるうえ、生産調整も比較的短い時間で対応できますが、農業の生産調整には非常に時間がかかります。しかも原価率が非常に高い(今は逆転していて、生産原価の方が高い)。

太陽光発電から農業の話になりましたが、単純に考えれば農業より太陽光発電の方が、経済効率は遙かに高いです。しかも獣害は圧倒的に太陽光発電の方が少なくてすみます。高齢化が進んで農業が出来なくなれば、そう遠くないうちに考えないといけなくなるだろうと思います。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


久しぶりの更新になりました

前回のブログをチェックしたら5月13日でしたから、ほぼ1ヶ月ぶりの更新になります。実は5月19日水路の点検をしていたとき、水路の溜め升に誤って転落し、そのとき左足のすねを溜め升の角にぶつけて、けがをしてしまいました。

水路が水田からの排水を集める水路なので、水の中に細菌が潜んでいて、その細菌が傷口から入り、感染症を発症しました。最初は擦り傷程度と思っていたので、水で洗って絆創膏を貼り付けていたのですが、腫れと痛みがいつまでも続くので、これはいよいよだめと覚悟して病院に行きましたが、当日は診療が終わった後なので、検査も何もできず翌日に再来院するということで簡単な処置と、抗生剤だけをもらって帰りました。

翌日外来で血液検査してもらったところ、CRPが通常0.1以下であるものが、9.5とほぼ100倍になっていました。担当医の方から即入院して点滴しますということで、1回目の点滴が終わったところで、入院のための準備に一旦家に帰り、そのまま入院となりました。

その後レントゲンとMRI検査で、感染は骨の中までは入り込んでいないことがわかり、ひとまず最悪のシナリオの可能性は回避できました。その後膿から細菌を培養して、適切な抗生剤を選定して、点滴のやり直しとまあ3週間近く入院しましたが、何とか退院が出来ました。

退院した後も、通院治療は必要でとりあえずは1週間に2回通院して、傷口の洗浄は毎日必要なので、通院しない間は自分でやるのと、傷口は絶対に汚してはいけないということで、今は代掻き、田植え、除草剤散布と、水田作業は絶好調なのですが、私は全く役に立たない状況です。

田植えが終わったら次は大豆なのですが、こちらは水を使わないので、私の仕事はトラクタでの耕起作業ですから、何とか仕事はこなせると思います。皆様もたかが傷と思わないで、何か少しでもおかしいと思ったら、医者に行かないと駄目ですね。手遅れになって、最悪の事態になって、骨の髄まで感染が広がったら、タダではすまなくなります。

まだ治療中なので、安心できるには大分先になります。担当医の方からは退院しても最低1ヶ月は覚悟してくださいと、宣告されています。

オーディオは本当に体力気力がないと、出来る趣味ではないです。ダラダラ流すだけでしたらどうでもよいのですが、やはり他人に聞いてもらうような音を目指すとしたら、これが無いと全く箸にも棒にもかからなくなります。

今月一度やる予定でしたオフ会は、暫く棚上げとすることにしました。もしかしたらバズケロさんやにゃんすさんが来られたときの音が最高でしたね、なんて過去形で語ることになるかも分かりません。

今回の入院費用は、農業法人が労災に加入していたので、個人負担は無く大変助かっています。これが個人ですと、労賃は収入になりますが、仕事が出来なくなった分の収入減になりますし、入院費用も国民健康保険か、後期高齢者保険が適用になります。法人化されたおかげで、いろいろ助かることが多いです。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


連休中は大忙しです

4月27日にコシヒカリ約250箱の苗箱を作った後、5月4日に作った苗箱を倉庫から出して、育苗圃場に出しました。間の日は水路の掃除をしたり、草を刈ったり、水田にするために排水口にフタをしたり、水路の入水口の掃除をしたりと、全くの暇無しです。

5月5日は水利組合による水路の掃除をした後、5月8日に水路に水を流して、いよいよ代かきが出来るようにしました。水路に水を流すと言っても、水路掃除をしても完全にはゴミは取り切れません。水を流せばゴミも一緒に流されてくるので、そのままにしておいたら水路の何処かに詰まって、水が道路にあふれてきます。その為に水路の最上流から、最下流まで水について歩いて、様子を見てゴミの除去をしなければいけません。

5月6日はひとめぼれときぬむすめの苗箱を1050箱作りました。それを5月12日に育苗圃場に広げました。5月13日はヒノヒカリともち米の苗箱を780箱作ります。

苗箱を外に広げると、苗箱への水やりが必要になります。芽が出始めは上から水を散布しなければいけないので、手間がかかりますが、苗が伸びてきたら、タイマーを使った浸水で育苗が出来るので、大幅に手数を減らす事が出来ます。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


Rename

Philewaveの記事で、CENYAさん宅にかないまるさんが来られた日記がアップされました。その日記に中で、かないまるさんが、フォルダや、ファイルNameの書き換えは、音を悪くすると言う事が書かれていました。

ネットオーディオで、TAGデータが音を悪くすると言う事で、私はTAGデータを全て削除しています。その為に検索は全てフォルダーとファイルNameでやっています。リッピングしたデータのままだと、フォルダーやファイルNameがバラバラで極めて使い勝手が悪く、リッピングしたデータのほぼ全てと言って良い位、書き換えて使っています。

その為に今まで、Renameで音が変わるという認識が全くありませんでした。そこでCENYAさんの記事を見て、早速対策した音源で聞いてみることにしました。一番分かりやすいのはClassicなので、聞いたのはAdorian Bolt指揮 Holstの”The Planets”です。

最初の演奏が始まるところから、同じ録音かと思うほど音が違っていて、思わず椅子からずり落ちそうになりました。今まで散々聞いていた音が標準になっているので、凄く違和感があったのですが、当然こちらが正しいので、自分の基準値を書き換えないといけません。

今までネットオーディオに対して、アナログが圧倒的に音が良かったのは、単に自分の使い方が間違っていたからと言う事です。となると全部のデータを再処理して聞き直さないと、ダメという結論です。

Renameの対策処理としては、再度コピーし直すのが良いそうです。ダウンロードしたハイレゾ音源は、再コピーするしか方法がありませんが、CDは何度でも再リッピング出来るので、NASを何度も入れ替えている関係で、コピーの再コピーを繰り返していて、鮮度も落ちてきていそうです。時間はいくらでもあるので、ボチボチ再リッピングでもしようかと思っています。

Pioneerのリッピング用ドライブも、新バージョンが発売されて、私の手持ちも大分古くなってきたし、ラトックのドライブケースも、防振が考慮された新バージョンも出てきているので、入れ替えも検討しなければと思っています。

PCもWindows7が来年早々には、サポートが打ち切られるし、今使っているPCもボチボチ限界に近づいています。オーディオ投資が終わっても、問題が次々と出てきます。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


2019年4月の太陽光発電

2019年4月の太陽光発電は、月の前半から中旬頃迄は絶好調で、新記録が出るかと思いましたが、月の後半は絶不調となり、結果的には昨年の4月の実績より、下回ってしまいました。

4月の太陽光発電量は、1085kw・hでした。昨年の4月は1112kw・hでしたから、27kw・hのマイナスです。昨年は引き込み線も8sqと細かったし、柱上トランスも10kvaでしたから、条件としては今年の方がずっと良いわけです。

結果的には4月は8日間の赤字が出ました。昨年は9日間の赤字が出ての結果です。今年の4月は、中旬頃迄は快晴状態が多かったのですが、下旬の10日間は、北からの湿った空気の影響で、予報は晴ですが、実際にはガスがかかったような状態で、山がかすんで見えていました。当然日差しは無いので、肌寒い日が多く、日照も無いので薄暗い状態が多かったです。

上中旬は20日間の内3日しか赤字になりませんでしたが、下旬は10日間で5日間の赤字でした。5月の長期予報は、晴れの日が多くなりそうと言う予報なので、太陽光発電には良いのですが、農業の方はこれから代かきと田植えがいよいよ始まります。

水が大量に必要になるので、雨が少ないと必然的にため池の水に頼ることになります。梅雨で雨が降れば、自然増で夏の渇水時までに水位が回復出来るのですが、空梅雨になれば田植えが終わったら、養い水が無いという最悪の事態になります。

農業がお天気だよりは、今も昔も全く変わっていません。今年は果たしてどうなるか、運を天に任せるしか無い以上どうしようも無いですね。5月5日は3部落協働で水路の掃除があります。

この水路は集落内に降った雨の排水路も兼ねています。なので農業を続けている内は、水路も確保出来ていますが、高齢化が進んで農業が出来なくなったときは、水路の確保も難しくなります。その時の住環境はどうなるか、長門市の人口もかなり減っているでしょうから、行政は当てに出来なくなっているでしょう。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


4月28日バズケロさんが来られました

4月28日バズケロさんが来られました。バズケロさんはほぼ5年ぶり位でしょうか。当時はスーパーツイーターを使っていたり、インターコネクトケーブルはLINNのシルバーケーブルだったりしていたし、フォノイコもLINNからソウルノートの変わったりしています。

当時とはエネルギーバランスの基本は変えていませんが、音の出方はかなり変わってきています。もうこれ以上弄るつもりはないので、今後は細かい修正はあるかも分かりませんが、機器が壊れない限りはこのままです。

先日来られたニャンスさんは、ボーカルものがお好きなのですが、バズケロさんは私と同じで、ドンパチ大好き人間の一人です。なので音質の好みは似たような傾向があります。

バズケロさんの時は、朝9時過ぎに到着して、暫くは雑談、その後はちょこっとネットオーディオをかけた後は、アナログオンリーで夜の7時半の終了までやりました。にゃんすさんの時とはダブらないように、アルバムの紹介をします。

wearing

バディー・リッチの最も凄かったときのアルバム、”the weiling”です。何処までも加速が止まらない演奏は、凄いとしか書きようがないです。余りに演奏が早すぎて、システムのスピードと、解像度が追いつかないと、只うるさいとしか感じられません。

caravan

同じくバディー・リッチの”Caravan”です。両方とも大音量では無く、爆音再生しないとダメなのですが、もうさすがにそれをやると、耳が保たないので、せいぜい90dbオーバーで止めています。

king of tenor

ベン・ウェブスターの”King of the Tenors”です。システムのタメのチェックには、分かりやすい演奏で良いと思います。

encore un soir

セリーヌ・ディオンの”Encore un Soir”です。LPを買うとCDがおまけで付いてきます。最近のヨーロッパは、どうもCDは余り売れないようで、LPでの発売が増えてきているように思われます。音的にはLPもCDもほとんど変わりません。

セリーヌ・ディオンは英語の歌が世界的にはヒットしていますが、やはり母国語のフランス語の歌が良いですね。

workin

マイルス・デイビスの”Workin’”です。マラソンセッションの1枚です。今回は時間が無かったので、これ1枚のA面だけかけました。

thriller

マイケル・ジャクソンの”Thriller”、オフ会ではやはり外せない1枚です。今回はオリジナル盤の方だけかけました。イコライズカーブはRIAAです。

前回にゃんすさんが来られたとき紹介してもらって、テストしたノードストのテストCDから、De Gaussの処理をしました。どんな音が再生されるのか、約9分間を我慢して聞いていましたが、これを聞くぐらいならやらない方がましとか思っていました。

しかし2週間ほど経って、なんだかえらく音が悪くなってきたように感じられてきて、試しに再度De Gauss処理をしました。今度は再生音量が分かっているので、食事をする間に処理をすることにしました。食事後に部屋に戻って再生したら、まあ驚く位音の抜けが良くなって、細かい音の変化が良く分かるようになっていました。

そして次の日バズケロさんが来られる前に、迎えに行く間De GaussとBurn Innの処理をしていました。結果はバズケロさんが聞かれたとおりなのですが、今後オフ会をする前は、必ずやらないとダメですね。これで聞き慣れてしまうと、もうやらないときの音は聞けなくなってしまいました。

反則技かも分かりませんが、元々オーディオの音は一期一会なので、やはりその時気持ちよく聞けた方が良いと思います。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


4月27日コシヒカリの苗箱を作りました

4月から本格的な農作業が始まりました。最初は畦塗りの前の畦の草刈りからです。畦の草をそのまま放って置いて、畦塗りをすると草を巻き込んで、畦の強度が出なくなり、直ぐにボロボロに崩れてしまいます。その為に畦の草を出来るだけ遠くに飛ばす必要があるので、私は主にナイロンカッターで草刈りをするようにしています。

畦塗りはトラクタに付けた、畦塗り用のアダプタを使ってやります。自重は優に100kg以上はあろうかという重量物です。上ゲの圃場は兎に角石が多く、たまに岩とも思えるようなものが隠れていて、今回も安全ピンを何本も飛ばしてしまいました。

畦塗りは大体トラクタの速度が、1時間当たり200m程度しか出せないので、たったの6筆の圃場を塗るのに、丸2日もかかってしまいました。土は粘土質なので、塗ったときは良いのですが、天気が続くと直ぐに乾燥して、ひび割れが入ってしまい、全くの役立たずになります。もう半分は気休めみたいなものです。

畦塗りをした後は水稲用の圃場と、大豆用の圃場の両方のくれ返しをしました。くれ返しはトラクタで荒起こしをして、土中に空気を入れて、バクテリアの活性化をした後、雨が降ったりして土が固まったところを、再度ほぐす作業です。

それが終わると5月5日に水利組合でやる、水路掃除のために、邪魔になる水路際の草刈りをしました。圃場の草刈りは、これから田植えに向かって、全部刈らなければいけません。

4月27日はいよいよ田植えのための準備作業として、コシヒカリの苗作りの準備をしました。苗箱は大きさの規格が決まっていて、縦横が30cmX60cmで出来ています。これは全国共通です。何故共通かというと、田植機がメーカーに関係なく、全てこの規格の苗を使うことが前提で、設計されているからです。

LPレコードが、今は全て30cmで出来ているのと同じです。苗箱は昔は100%ではありませんが、かなりの部分を手作業で作っていました。自家用の5反以下でしたら、これでも良いのですが、1町歩以上の圃場の苗箱をこれで作っていたのでは、夜が明けても終わりません。

ファーム上ゲで使っているのは、半自動の苗作りの機械です。土や、消毒薬、種籾の供給は全て人力ですが、この機械だと大体1時間に240箱程度作ることが出来ます。半日で大体1000箱です。1000箱で大体5町歩位の田植えが出来ます。

ファーム上ゲで毎年作っているのは、大体2000箱です。本日は230箱作って終わりました。1週間後は1000箱作らなければいけません。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


オフ会でかけたソフト、アナログ編

14日のオフ会でかけたソフト、アナログ編です。

sarah brightman

Sarah BrightmanのPhantom of the Opera オリジナル盤です。

jhon maclaulin

Al Di Meola、John Malaughlin, Paco De LuciaのGuitar Trioによる、Friday Night in San Francisco。

aladar pege

Aladar Pege, Solo Bass オリジナル盤です。このベース演奏がすごいのですが、これをかけるのは少々危険を伴いますので、お勧めはしません。

helen meril

Helen Merrill with Clifford Brown。

theronius monk

Thelonious Monk with John Coltrane、Monks Music・・・埼玉時代に近所からクレームのついたアルバムです。何枚か持っていますが、このLPが一番音が良いので、常用しています。

brian blomberg

最新の録音と言う事で、Brian Bromberg Woodです。King Recordのアナログ盤は、やはり音が良いですね。

power bigs

Power Biggs Organ Volume3 Colombiaオリジナル盤、モノラルレコードです。イコライズはColombiaカーブです。Classicのモノラル盤はオリジナルでも安いので、買いやすいです。

norah jones

Norah Jones Live from Austin TX、オリジナルLPです。Norah JonesがSinger Songwrighter部門で、グラミー賞を受賞したときの記念公演を録音したアルバムです。

miles davis

Miles Davis We Want Miles オリジナルLPです。イコライズカーブはColombiaカーブです。これは一関のベイシーで聞いて、すっかり気に入って手に入れたものです。

実際にかけたアルバムはもっとあるのですが、キリが無いのでここまでです。にゃんすさんがPhilewebで日記に書かれたアルバムは、Aladar PegeのSolo Bassというアルバムです。国内販売はされていないので、手に入れる方法は、Discogsか海外のオークションサイトが良いでしょう。ヤフオクでも滅多には出ませんが、出たときはチャンスだと思います。

但し競走になったら結構大変だと思います。l

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用